ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

年に一度は保存食を見直そう!

Photo by akiharahetta

9月1日は防災の日、保存食を見直すいい機会です。普段から備えている人は点検をして、まだ準備していない人は、これを機にそろえてみてはいかがでしょう?

いまや保存食は、ただの非常用補助食品ではありません。この記事でご紹介する「IZAMESHI(イザメシ)」は、原材料にこだわったおいしい保存食。種類も豊富なんですよ。さあ、進化した保存食品を覗いてみましょう。

おいしい保存食「IZAMESHI(イザメシ)」って?

Photo by akiharahetta

突然の災害時に備えた長期保存食「イザメシ」は、おいしさにこだわった新しい保存食です。「いざというときにこそ、しっかりした食事をとってほしい」という気持ちで作られているそうですよ。

ガスや電気なしで調理できるので、災害時だけでなく、アウトドアにも活用できます。登山やサーフィンなどでの栄養補給にもおすすめなのだとか。

家庭やオフィスに。そして贈り物にも

Photo by akiharahetta

家庭やオフィスなど、さまざまなシチュエーションになじむよう、パッケージに気を使っているとのこと。なんとも嬉しい配慮です♪ 派手なパッケージは目立つけど、うるさく感じてしまうこともありますもんね。

試しにホームオフィスのデスクに置いてみましたが、本当にしっくりとなじみました。保存食とは思えないシンプルでおしゃれなパッケージは、贈り物としても使えそうですよ。

ご飯、おかず、なんと和菓子まで

Photo by akiharahetta

メニューは、ご飯や麺の主食、おかず、お菓子など、とても豊富。このあと実食でご紹介しますが、なんと和菓子まであるんです。びっくりですよね。

保存の仕方は缶入りだったり、レトルトだったりさまざまで、どれも簡単調理かそのままで食べられるようになっています。なかには、化学調味料不使用のものもあり、味だけでなく体への気遣いもばっちりです。

「イザメシ」の保存食をいざ実食!

Photo by akiharahetta

「イザメシ」には、調理法や素材、こだわりのポイントなどに、それぞれ特徴を持ったいくつかのジャンルがあります。今回はジャンル別にそれぞれ一商品ずつ、8品を選んで実食です。

長期保存食ならではの調理の仕方、食べ方なども気になるところ。そのあたりも詳しくご紹介します。

缶「花山椒香る 麻婆豆腐」

Photo by akiharahetta

1缶 80gあたり 67kcal
缶詰から選んだのは、化学調味料不使用の「花山椒香る 麻婆豆腐」。缶詰は保存食の代表選手ですが、麻婆豆腐は初めて見ました。どんな味わいなのでしょうか?

食べ方は、通常の缶詰と同じく、開封後そのまま食べます。味わいはかなり本格的で缶詰とは思えません。思わず白米が欲しくなるほど。豆腐は、長期保存用に水分を抜いているようで、高野豆腐のような感じです。
Photos:14枚
非常食と布バック
防災用保存食品を机に並べたところ
仕事用デスクに置かれた非常食
非常用ご飯の袋に箸が入った様子
数種類の非常食をテーブルに広げたところ
缶入りの麻婆豆腐
缶入りのきつねうどんを食べているところ
黒いココット器に入ったつくね汁を食べている様子
非常用の牛丼をスプーンで食べているところ
保存食のドライカレーをスプーンですくっているところ
白い皿に盛った煮込みハンバーグ
缶入りの非常用パン
青い皿に盛った黒蜜きなこもち
防災用保存食品を机に並べたところ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS