伝承の技が詰まった日本酒

日本酒といえば「菊正宗」を思い浮かべるほど有名な酒造メーカーの、特別純米酒です。酒造りでもっとも伝統的と言われる「生酛(きもと)造り」で醸し、仕込み水には兵庫県灘の名水を使用。素材や製法にこだわった味は、さすが老舗と納得です。贈答用にもおすすめの日本酒ですよ。

6. 中野BC「紀伊国屋文左衛門 純米酒」

ITEM

中野BC 紀伊国屋文左衛門純米酒

¥2,860

内容量:720ml アルコール度数:15% 主な原材料:山田錦・美山錦 タイプ:純米酒 日本酒度:+9.5 酸度:1.5

※2020年7月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

米の旨みを味わう!

麹米に山田錦、掛米に美山錦を使用している「紀伊国屋文左衛門 純米酒」は、ひと口飲むと米の旨みや風味がしっかりと感じられます。濃厚さと軽やかさのバランスが良く、初めて濃醇辛口を飲む方におすすめ。青いラベルが涼し気で、キンキンに冷やしていただくと爽やかさも楽しめますよ。

自分好みの辛口日本酒を探してみませんか?

同じ「辛口」でも、日本酒度や酸度によって味わいがまったく異なるのが日本酒の魅力です。好みの日本酒はどのくらいの酒度や酸度かを知っておくと選びやすいので、ラベルの数値を目安にしてみてはいかがでしょうか?

ご紹介した日本酒は、どれも淡麗・濃醇それぞれの特徴が分かりやすいものばかりをピックアップしたので、飲み比べてみるのもおすすめですよ。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ