ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ラッポッキがじわじわと流行中!

Photo by muccinpurin

日本で数々のブームを巻き起こしてきた韓国グルメ。次なるヒットグルメとして、見るからに辛そうなラッポッキが注目されています。

ここ最近、SNSやYouTubeを中心におすすめグルメとして紹介されたり、「食べてみた動画」として実際に食べる様子を動画に上げる人が増えたり、ぐいぐいとその存在感を増しているんです。

韓国のB級グルメ「ラッポッキ」とは?

Photo by muccinpurin

韓国の屋台で人気のラッポッキは、ラミョン(ラーメン)とトッポッキ(餅)を組み合わせたB級グルメ。トッポッキの甘辛いたれと、韓国風のちぢれ麺を合わせ、卵やチーズをトッピングして食べます。

ラミョンとトッポッキを合わせて、ラッポッキ(라볶이)。日本の味で表すと、力うどんが辛くなったバージョン、といったところでしょうか。とにかく見た目からして辛そう!

Photo by muccinpurin

「即席ラッポッキ 2人前」700円(税込)※楽天市場で購入
トッポッキとラーメンを混ぜて自作する方法もありますが、今回は手軽にラッポッキのセットを購入してみました。

本場韓国の「ドンウォン(DONG WON)」というメーカーが製造したものですが、パッケージは商品名から裏の作り方まで、すべて日本語で記されています。輸入食品は現地の言葉で書かれているものが多いので、日本語表記があるのはかなり助かりますね。

Photo by muccinpurin

1袋2~3人分入りということで、袋はB5サイズの大きさはあろうかというビッグサイズ。

開けてみると、中には乾麺、トッポッキ、ソース、乾燥ねぎが入っていました。トッポッキが入っていることを除いては、日本のインスタントラーメンとそう変わらない内容ですね。

麺は辛ラーメンや、 “チャパグリ” で一躍有名になったノグリを製造している農心のものを使っているようです。これは味に期待が持てます!

ラッポッキの作り方

Photo by muccinpurin

作り方は簡単3ステップ!フライパンひとつであっという間にできますよ。

材料(2~3人分)

・ラッポッキ……1セット
・水……500cc
・玉ねぎ……適量

作り方

1. もちを水で軽く洗う

Photo by muccinpurin

もち(トッポッキ)を水で軽く洗います。

撮影するためにボウルに入れていますが、特に水に浸しておく必要はないようです。

2. ソースでもちを4分煮込む

Photo by muccinpurin

鍋か深めのフライパンに水、もち、ソースを入れて中火にかけて4分煮込みます。

Photo by muccinpurin

途中、焦げないように鍋底をかき混ぜてください。

この時点で辛い匂いがキッチンじゅうに立ち込めるので、換気扇は強め推奨です。湯気を勢いよく吸い込むと、辛み成分でせき込むので気を付けてくださいね。
Photos:16枚
黒くて浅い鍋に入ったラッポッキ
箸でラッポッキの麺を持ち上げる様子
ラッポッキのパッケージ
乾麺、トッポッキ、ソース、ねぎの小袋
水、もち、乾麺、ソース、ねぎ
もちが入った白いボウル
もちとソース、水が入ったフライパン
ゴムべらでフライパンの鍋底を混ぜる様子
乾麺を加えたフライパン
フライパンに切った玉ねぎを加える様子
黒い鍋に入ったラッポッキ
箸でラッポッキの麺を持ち上げる様子
スプーンですくったトッポッキ
チーズをかけたラッポッキ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS