「ともさんかく」ってどこの部位?美しい霜降りの極上赤身肉

牛の希少部位が話題にのぼるなかで、「ともさんかく」という名前を耳にしたことがある人も多いはず。では具体的に牛のどこにあるのかご存知でしょうか。ともさんかくがある部分や地方での違った呼び方、その特徴と味わい、おすすめの食べ方などをわかりやすく解説します。

2020年5月28日 更新

ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

「ともさんかく」は牛肉のどこの部位?

ともさんかくは牛もも肉のシンタマの一部

牛もも肉とは後ろ足のことで、ソトモモとウチモモ、ランイチ、シンタマの大きな部位に分けられます。足の付け根に当たるところがでウチモモで、その下に位置する丸い形の塊肉がシンタマです。

シンタマはさらにシンシンとカメノコ、ともさんかくの3つに分類。シンシンに隣接する部位がともさんかくで、各部位はそれぞれに見た目やサシの入り具合、食感とやわらかさも異なります。

牛一頭からわずかしか取れない希少部位

牛の種類や大きさにもよりますが、一頭で2~4kgほどしか取れないたいへん希少な部位です。もも肉のなかでは、もっとも脂がのってやわらかいお肉として人気。そのため精肉店での販売価格はもちろんのこと、焼肉店やステーキ店でもかなり値が張る、高級なメニューとして知られています。

地方によって別名「ひうち」とも呼ばれる

切り出された塊肉の断面が三角形になっていて、その形が火打ち石のように見えることから、関西を中心に「ひうち」と呼ばれています。ちなみにシンタマも、丸い形状から関西ではマルと呼ぶのが一般的です。

ともさんかくの味わいとおいしい食べ方

ともさんかくはもも肉で一番脂がのっている極上の赤身

赤身のもも肉のなかでもっとも霜降りが入る部位で、カルビとロース系のいいところをあわせ持つ、おいしいお肉として定評があります。サクッとした歯触りが特徴で、それでいてやわらかくてクセのない味わいが魅力です。

シンタマの中心にあるシンシンも、硬いもも肉のなかではかなりやわらかく、きめ細かなサシが入った赤身肉で、あっさりした味わいが好評。ともさんかくはそれよりもさらにやわらかくて、脂がのったコクのある味で人気があります。
Photos:2枚
ステーキ用にカットされた生のともさんかく
カットされたともさんかくのステーキ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS