ロック

ロックグラスに大きめの氷を入れてウイスキーを注ぎます。氷が溶けていくにつれてアルコール度数が低くなり、変化を楽しめる飲み方です。私の経験では、ロックは人それぞれで好みの飲みごろがあり、薄まってしまう前にグッと飲み干せば、心から「おいしい……!」と感じられます。

ハイボール

ハイボールは、食事と相性のいい飲み方です。ジョッキやタンブラーグラスに氷・炭酸水・ウイスキーを入れたら、炭酸が抜けないように軽く混ぜるのがコツ。

炭酸水との比率は、ウイスキーの特徴が楽しめる「ウイスキー:炭酸水=1:2」がおすすめです。飲みやすさを重視したい場合は、1:3と炭酸水の割合を多く調整しましょう。ウイスキーの割合を多くしすぎると、ハイボールのさわやかな喉越しを損なってしまうので、注意してください。

水割り

あまりイメージがないかもしれませんが、実は水割りこそ通が好む飲み方なんです!アルコール度数が低くなるため、女性にもおすすめですよ。度数を下げつつ、ウイスキーの風味や味わいを余韻として楽しめます。

ハイボールは炭酸が後味を消してしまいますが、水割りはウイスキーの風味を残してくれるのです。作り方は、グラスに氷と水とウイスキーを注いで混ぜるだけ。黄金比率は水とウイスキーの比率は1:2です。

高アルコールの飲み過ぎには注意して楽しみましょう!

アルコール度数と蒸留方法を知ることで、ウイスキーに興味を持ってもらえたのではないでしょうか♪ ウイスキーは蒸留酒でアルコール度数の高いお酒です。水を小まめに摂取しながら、自分に合った飲み方で楽しみましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ