ライター : あゆ

主婦 / インスタグラマー

あゆべんとう と ときどきお菓子 長野県在住。田舎暮らしの31歳4児の母です! 特別なものを使わず身近なものでできるアイディア料理や時短料理、 子供の喜ぶ食卓などなど。お弁当作…もっとみる

Q. 緊急事態宣言後、生活に変化はありましたか?

Photo by a.jinja

家族でいる時間が増えました。

我が家は主人と子供4人の6人家族(子どもは小学2年生、保育園児2人、乳児1人です)。ふだんは、パパは休日も仕事、小学生のお兄ちゃんは習いごとに通っていて、家族全員がそろうことってなかなかなかったのですが、今は毎日みんなで3食を食べています。

以前は家族がそろうならなにかイベントをしなくちゃ!と張り切っていたのですが、近頃は焦ることも気負うこともなく、自然に家族の時間をすごしています。

Q. おうち時間を充実させるためにはじめたことはありますか?

子どもたちが圧倒的に運動不足なので、朝、家族そろって体操をするようにしました。

大人向けの内容で、けっこうハードなトレーニングなのですが、YouTubeを観ながらみんなで「ひぃひぃ」言いつつ体を動かしています。ひとりだったらくじけてしまいそうなメニューも、みんなでやると楽しくて。

まだハイハイの末っ子もおなじようにリズムにのってお尻を動かしていて、笑えます。
食事の面ではホットプレートを使う料理が増えました。

朝ごはんではウインナーも目玉焼きも全員分ホットプレートで焼きます。「自分の分は自分でお世話してくださいね〜」って子どもたちにおまかせ。みんな自分でウインナーを転がしています。

1日に1回は必ずつかうので、もはやしまうのもめんどくさくなって食卓のセンターに常駐。この外出自粛期間中の家電総選挙をするなら、ホットプレートが間違いなくNo. 1ですね。将来は食卓の真ん中に埋め込み式のこれがほしいな、焼肉屋さんみたいなやつ。

Q. おうち時間を楽しくするアイデアがあれば教えてください

Photo by a.jinja

子どもを巻き込んでの食事づくり

結果的に仕事が増えることもしばしばですが、今なら余裕をもって対応できます。長い目で見たら、子どもが家事に関心をもつのは絶対にプラス。楽しい作業をあえて用意して、一緒に台所に立っています。

我が家で好評だった、子どもと楽しめるクッキングの一部を紹介しますね。

たこ焼き器でシューマイ

たこ焼き器に油をひき、シューマイの皮を穴の中に1枚ずつ入れて肉だねを入れます(肉だねは材料全部をポリ袋に入れ、もんで混ぜたら端っこを切って絞り出します。手も汚れないし洗い物もないです!)。

コーン、豆、餅、チーズなど好きな具をトッピングして、少量の水を入れて蒸し焼き。普通のシューマイとはまたちがって、皮がカリカリになっておいしいんですよ〜!

餃子の皮ピザ

Photo by a.jinja

余った餃子の皮をホットプレートに並べて、これまた自由にピザソースや具をトッピングしてパリパリになるまで焼きます。

小学2年生のお兄ちゃんは、ピザの具で文字をつくって、「こんな字あったよな〜」とぶつぶつ(笑)。学校行かないから忘れちゃうよね〜!
※ベーコンでつくったのは王様の「王」でした

噴水フルーツポンチ

大きな器にフルーツをたくさん入れて、ボウルの真ん中にペットボトルのサイダーを設置。メントスをペットボトルに入れるとサイダーが噴水のように噴き出すんです。これには子どもたちが大歓声!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS