ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ザブトンとは牛肉のどのあたりの部位?

ザブトンは牛肩ロースのなかの希少部位

牛の肩ロースの一部であるザブトンはあばら骨側にあり、赤身の肩ロースのなかでもっとも霜降りが多い、おいしいお肉として有名です。別名ハネシタとも呼ばれ、英語名は「Chuck Flap(チャックフラップ)」。

牛一頭から3~4kg前後しかとれない希少部位で、通販では国産和牛が100gあたり1,100円ほど、ブランド牛のA5ランクになると、2,000円近くで販売されています。

きめ細かなサシとやわらかな食感で人気

きめの細かいサシ(脂肪)がきれいに入った霜降り肉で、口のなかでとろけるような食感とやわらかさが魅力です。肩ロースらしい赤身肉本来の濃厚なうま味と、クセがなく上品な甘さの脂とのハーモニーがすばらしいと評判。

霜降りで脂が多いことから、カロリーは赤身肉に比べるとやや高めですが、たまに食べるくらいならいいのではないでしょうか♪

ザブトンという名前の由来はどこから?

肩ロースから各部位を切り分けるときに、四角く切り出すことができるため、形がなんとなく座布団に似ていることから、その名前がついたといわれます。

牛肉にはこのように、見た目や形状から名付けられた部位名がよくあり、ユニークな名前をつけられた希少部位も意外と多いですよ。

ザブトンをおいしく食べる人気の食べ方

焼きたてを堪能!とろけるおいしさの焼肉

焼肉屋さんでは特上ロースや、特上カルビのメニュー名で提供されることもあり、やはり定番の焼肉がもっともおすすめしたい食べ方ですね。焼くときのポイントは、絶対になかまで火を通しすぎないこと!

強火で両面をサッと焼いて、塩やわさびなどでいただくと、持ち味である上品な甘い脂とお肉のうま味、やわらかさを存分に堪能できますよ♪

ガッツリ派に!贅沢にザブトンステーキで

焼肉店やステーキハウスでいただくお肉は間違いなくおいしいですが、外食はやはり価格が気になるところ。スーパーや精肉店などで、ザブトンをお手頃価格で購入できるようでしたら、おうちでステーキを焼いてみてはいかがでしょうか。

表面を強火で焼いて、なかはミディアムレアくらいがベスト。凝ったソースや調味料などは必要なく、塩胡椒にガーリックチップを添えるだけで十分においしくいただけます。
Photos:6枚
半分にカットされたザブトン部位の塊肉
サブトンのステーキとソース、つけ合わせなど
焼肉用のザブトンと焼き野菜
ミディアムレアに焼かれたザブトンのカットステーキ
レアに焼かれたザブトンのカットステーキ
ミスジ部位の塊肉と焼肉用の薄切り肉
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS