ライター : hugmug

ママと子どものファッション・ライフスタイルメディア

「HugMug(ハグマグ)」はママと子どものファッション・ライフスタイルを提案する雑誌&WEBメディアです。子どもと過ごすなにげない日常が、もっとハッピーになるアイディアやヒント、…もっとみる

この記事は、ママと子どものファッション・ライフスタイルメディア「hugmug」の提供でお送りします。
パスタ、うどん、中華麺。子どもが大好きな麺! 簡単にできるからこそ、レシピがマンネリ化している方も多いのでは? 調理時間たった15分で完成する、忙しいママのお助け時短レシピを、人気料理家のワタナベマキさんに教えていただきます。冷凍うどんは、便利で使いやすく子どもも大好き♡ マンネリしやすいうどんレシピの新定番を伝授します。

時短レシピ うどん01. 鶏そぼろと煮卵のたっぷりゴマ麺

味が染み込んだふわふわの鶏そぼろが主役!シャキシャキ豆苗が食感にアクセントをプラス。
【材料】2人分
冷凍うどん………2玉

鶏ひき肉………150g

豆苗………1/2袋(1㎝長に切る)

ショウガ………1かけ分(みじん切り)

卵………2個


酒………大さじ1
みりん………大さじ1
味噌………小さじ1
醤油………小さじ2
黒酢………小さじ2

ごま油………大さじ1
白いりごま………少々

【つくり方】
1.卵は沸騰した湯に入れ7分茹でて冷水に取り、殻をむく。
2.フライパンを中火で熱し、ごま油とショウガを入れ、香りが立ったら鶏ひき肉を入れて色が変わるまで炒める。
★を加え、汁気がなくなるまで炒める。最後に豆苗を加え、さっと炒める。
3.うどんを袋の表示通りにゆでて、湯切りして器に盛り、半分にカットした1と2を載せ、白いりごまをふる。
おいしくなるPoint>>>
行程2で最後に豆苗を加えて炒めること。シャキシャキの食感を楽しめる。

時短レシピ うどん02. 牛肉とブロッコリーのオイスター炒め麺

オイスターソースがこっくり香る焼うどん。歯ごたえのあるブロッコリーがアクセント。
【材料】2人分
冷凍うどん………2玉


牛カルビ(焼き肉用)………150g(7~8mm幅に切る)
ブロッコリー………1/3個(小房に分け、大きいものは縦に2等分)
長ネギ………1/4本(斜め薄切り)

ショウガ………1かけ分(千切り)
酒………大さじ2
オイスターソース………大さじ2
醤油………小さじ2
ごま油………大さじ1
赤トウガラシ………1/2本(種を取る)なくてもOK

【つくり方】
1.フライパンを中火で熱し、ごま油、ショウガ、赤トウガラシを入れ、香りが立ったら★を入れて、肉の色が変わるまで炒める。
2.全体に焼き目がついたら酒を加えて、蓋をして約2分蒸し焼きにする。
3.オイスターソース、醤油を加えてよく絡め、解凍したうどんを加えて炒め合わせる。
おいしくなるPoint>>>
最後にうどんを入れる前に、オイスターソースと醤油で、しっかり味付けをしておく。麺がべちゃっとするのを防ぎ、味に一体感が生まれる。

教えてくれた人

料理家・ワタナベマキさん
1976年、神奈川生まれ。グラフィックデザイナーを経て、2005年から「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家に。雑誌や書籍でのレシピ提案、イベント、料理教室など幅広く活躍中。旬の素材を大切にした季節の料理、常備菜、お弁当、朝ごはん、サラダなど著書は多数。近著に「ごはんにかけておいしい。材料2つでいためもの」(主婦と生活社刊)などがある。

Instagram:@maki_watanabe
recipe & styling/Maki Watanabe photography/Nao Shimizu
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS