おすすめのお店「元祖たこ判 小前(コマエ)」

Photo by donguri

昭和のレトロ感漂う「小前(コマエ)」は、たこ判の発祥地として知られる香川県三豊市の隠れた人気店。ウユニ塩湖のような写真が撮れると話題になった「父母ヶ浜」から1kmほどの距離でひっそりと営業しています。 たこ判(137円)は焼き上がりに時間がかかるため、注文から30〜40分ほど待つこともしばしば。お店を訪れる前に予約しておくのがおすすめです。

店舗情報

5. 美しさに見惚れる「和三盆」

和三盆プリンや和三盆クッキーなどに使われる、高級砂糖として有名な「和三盆(わさんぼん)」。香川では、四季折々のモチーフを美しく型取った砂糖菓子として販売されています。繊細な口どけとまろやかな甘さは、和三盆ならではの特徴。サトウキビの一種である原料の「竹糖(ちくとう)」は、香川や徳島で主に栽培されています。

おすすめのお店「豆花(まめはな)」

Photo by donguri

香川県高松市にある「豆花(まめはな)」では、伝統の菓子木型を使った和三盆作りが体験できます。菓子木型は、自然を表現したものやキャラクターなどの10種類以上から好きなものを選んで型抜きすることが可能。 食べるだけではなく作るところから体験できるのは、香川に訪れた人だけの醍醐味ですね。お値段はお抹茶付きでひとり1,500円からとリーズナブルなので、ぜひ訪れてみてください。

店舗情報

6. いち度食べればクセになる!「あん餅雑煮」

おすまし、味噌、白味噌、餅入り、餅なしなど、地域によっていろいろな味付けがあるお雑煮。香川県の半分以上の家庭では、お雑煮の中でもひときわ珍しい、白味噌の汁の中に「あん餅」が入った「あん餅雑煮」という料理が食べられています。 白味噌とあんこの意外な組み合わせは、砂糖が贅沢品として禁止されていた時代に、お餅の中にあんこを隠して食べたのがはじまりなんだとか。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS