旅好きグルメライターが厳選!香川で絶対に食べてほしい名物グルメ6選

香川の名物といえば言わずと知れた讃岐うどん。ですが、雨量が少なく穏やかな気候に恵まれた香川県は、うどん以外にも数多くの名物が存在します。そんな香川を旅する前にチェックしておきたい、知る人ぞ知る絶品グルメをご紹介します。

2020年1月27日 更新

うどんだけじゃない!香川の絶品グルメを堪能しよう

Photo by donguri

瀬戸内海や讃岐山脈の山々など、豊かな自然に恵まれている香川県。コンビニの数よりうどん屋が多いと言われており、「香川県=うどん」のイメージを持つ方は多いはず。そんな香川ですが、うどん以外にもたくさんの絶品グルメがあるんです。 新しい香川の魅力を発見したい!という方に、旅好きグルメライターがおすすめする絶品グルメをご紹介します。

ライター紹介

旅好きグルメライター donguri グルメと旅が大好きな主婦ライター。生まれ育った東京から、結婚を期に田舎へお引越し。忙しい都会の生活からのんびりとした田舎生活に変化し、いろいろな地を巡ってはグルメ旅を楽しんでいます。

1. カラフルでキュートな和菓子「おいり」

まん丸のシルエットにカラフルな色がかわいらしい「おいり」。ふわっとしたサクサクの食感と、口の中ですぐに溶けるやわらかな甘さが特徴です。 古くから香川県では、結婚式の引き出物や、嫁ぎ先の近所への挨拶土産としておいりが用いられてきました。食後のお口直しやお茶のおともにそのまま食べても良いですが、アイスやケーキなどにトッピングするとかわいらしさがグッとアップ。空港やお土産屋さんで購入できます。

おすすめのお店「ナカノヤ琴平」

写真映え抜群!おいりをトッピングしたソフトクリーム350円(税込)が大人気の、琴平町の金刀比羅宮・門前町にある「ナカノヤ琴平」。ベースのソフトクリームは和三盆をはじめ、抹茶や期間限定のフレーバーから選ぶことができます。 香川の人気スポットでもある金刀比羅宮を参拝したら、おいりソフトでひと休みしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

2. 小豆島の名産品「オリーブ」

国内で初めてオリーブ栽培がおこなわれた地として知られる小豆島。高松港からフェリーに乗って、高速船で30分ほどで到着します。 お土産屋さんでは定番のオリーブオイルだけでなく、ドレッシング、ジャム、コンフィ、スキンケアアイテムなど、小豆島産の新鮮なオリーブを使用したさまざまな商品が購入可能。広大な大地に広がるオリーブ畑では、まるで海外にいるような気分を満喫できますよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS