ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

うどんだけじゃない!香川の絶品グルメを堪能しよう

Photo by donguri

瀬戸内海や讃岐山脈の山々など、豊かな自然に恵まれている香川県。コンビニの数よりうどん屋が多いと言われており、「香川県=うどん」のイメージをもつ方は多いはず。そんな香川ですが、うどん以外にもたくさんの絶品グルメがあるんです。

この記事では、うどんはもちろん、それ以外の絶品グルメもご紹介します。

1. 絶対的名物グルメ「讃岐うどん」

Photo by @miy.am

香川県のある瀬戸内地方は雨が少ない地域のため米作りに適しておらず、昔から小麦の栽培が盛んでした。さらにうどんに欠かせない塩やしょうゆ、だしに必要ないりこも取れたため、うどんが広まっていったといわれているんです。

一番の特徴はコシの強さ。もちもちとした食感としっかりした歯ごたえ、つるっとしたのど越しがクセになります。また、だしはいりこ(=煮干し)が基本というのも特徴。ぶっかけ、かけ、しょうゆ、釜玉など、いろいろなスタイルで楽しまれています。

おすすめ店「手打十段 うどんバカ一代」【高松】

Photo by @shinobutime0303

釜バターうどん小 490円
釜から上げて10分以内の麺しか使わず、いつでもできたてのおいしさ。高松市内の中心にあって電車駅からも徒歩圏内、比較的アクセスがいい場所です。

おすすめは「釜バターうどん」。ほかでは食べられない看板メニューです。濃厚なバターと卵、カルボナーラのような味わいは一度食べたら虜になってしまうかも!
店舗情報

2. カラフルでキュートな和菓子「おいり」

まん丸のシルエットにカラフルな色がかわいらしい「おいり」。ふわっとしたサクサクの食感と、口の中ですぐに溶けるやわらかな甘さが特徴です。

古くから香川県では、結婚式の引き出物や、嫁ぎ先の近所への挨拶土産としておいりが用いられてきました。食後のお口直しやお茶のおともにそのまま食べても良いですが、アイスやケーキなどにトッピングするとかわいらしさがグッとアップ。空港やお土産屋さんで購入できます。

おすすめ店「ナカノヤ琴平」【琴平】

和三盆ソフト おいりトッピング 350円
琴平町の金刀比羅宮・門前町にある「ナカノヤ琴平」。写真映え抜群!おいりをトッピング(+50円)したソフトクリームが大人気のお店です。ベースのソフトクリームは和三盆をはじめ、抹茶や期間限定のフレーバーから選ぶことができます。

香川の人気スポットでもある金刀比羅宮を参拝したら、おいりソフトでひと休みしてみてはいかがでしょうか。
店舗情報

3. オリーブ牛やオリーブハマチも!小豆島の名産品「オリーブ」

国内で初めてオリーブ栽培がおこなわれた地として知られる小豆島。高松港からフェリーに乗って、高速船で30分ほどで到着します。

お土産屋さんでは定番のオリーブオイルだけでなく、ドレッシング、ジャム、コンフィ、スキンケアアイテムなど、小豆島産の新鮮なオリーブを使用したさまざまな商品が購入可能。広大な大地に広がるオリーブ畑では、まるで海外にいるような気分を満喫できますよ。

また、オリーブ飼料で育った、オリーブ牛やオリーブハマチ、オリーブ米などのブランドも広まっています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ