ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

讃岐うどんの有名店・蒲生うどん(がもううどん)とは

「讃岐うどん がもう」、通称"蒲生うどん"の創業は1959年。なんと50年以上の歴史があるうどん屋さんなんです。セルフタイプのうどん屋さんで、メニューも非常にシンプル!ツルツル・しこしこの麺がファンの心を魅了し、連日行列ができるほどの人気店です。

アクセス・外観

アクセスはJR予讃線の鴨川駅より徒歩15分ほど。車の場合は坂出I.Cから車で10分ほどです。田んぼと住宅に囲まれたのどかな風景のなかに建っている通好みの外観が魅力!店構えは気取らず斜に構えず、歴史と安定感を感じさせるたたずまいです。

店内の様子

店内に入ってすぐに目に入るのが大きな釜。うどんがぐらぐらとゆでられている様子を臨場感たっぷりに見物できます。人気店なのですが、店内座席数は12席とコンパクトな作り。テーブル席8席と奥にある座席4席は、いつもほとんど満杯状態です!

外の座席がおすすめ

店内で食べられるのは限られたお客さんのみ……でもご安心ください!店内外にもテラス席やベンチが用意されています。座席数は全部で12~14席ほど。天気がよい日に青空の下でツルツルと気持ちよくうどんをすするのも乙なもの!

蒲生うどんの人気メニュー・値段

小うどん+あげ

250円(税込)
「蒲生うどん」はセルフタイプのお店。「玉数」「大・小」「冷たい・温かい」を選び、好みのトッピングで楽しみます。トッピングのなかでもとくに人気なのが「あげ」(100円)!甘い汁とダシのコンビネーション、うどんのコシが絶妙です。

かけうどん

小1玉 150円〜(税込)

※小(1玉)150円、大(2玉)250円、特大(3玉)350円

シンプルにうどんの味わい・食感を体感したいなら、かけうどんがおすすめ!うどんにトッピングをのせ会計を済ませたら、自分でツユを注ぎます。ツユは「濃いめ」も用意されているようですよ。好みでネギやショウガを散らしたら、いざ実食!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS