ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

忘年会のお店選びで大切な3つのポイント

1. お酒に合わせたジャンル選び

忘年会では、お酒はもちろん、料理を楽しみたいと期待されていることでしょう。忘年会の料理選びでもっとも重要なのは、飲みたいお酒に合うかどうかです。 海鮮料理は日本酒に合いますが、ビールならから揚げや焼肉などガツンとボリュームのある肉料理のほうが好まれます。ワインを飲むなら、イタリアン料理がベスト。なるべく参加者のお酒の好みに合わせて料理を選ぶと喜ばれますよ。

2. 満足感が得られる予算設定

一般的な忘年会の予算はひとり4000円前後です。予算が安いほうが参加者の負担は少ないですが、お店のランクが下がると満足感を得られないおそれがあります。少しでも予算を下げたい場合は、忘年会向けの飲み放題プランや、割引クーポンを探すとよいですよ。 お酒を飲まない人ばかりという忘年会なら、料理メインのコースを選ぶことで予算を下げられますよ。ただし、飲み放題のようにお酒を追加オーダーする参加者がいると、かえって高くつくことも。飲み放題を希望する参加者がいるかどうか、事前に確認しておきましょう。

3. 料理の提供スピードも大切!

大人数でおこなう忘年会の料理は、「コース料理」を選ぶのがベターです。単品料理として頼むよりも割高になる場合もありますが、事前にメニューが決まっているぶん出てくるスピードが早いため、参加者がストレスなく料理を楽しめますよ。 少人数の忘年会の場合は、単品料理ですませることもあるでしょう。その場合、枝豆やたこわさなど、注文してすぐに出てくるメニューを把握しておくとよいですよ。メニューの前半にある「定番のおつまみ」は提供スピードが早い傾向にあります。

これならハズさない!忘年会で人気の料理ジャンル

和食系居酒屋

居酒屋で楽しめるおつまみ料理は忘年会の定番。枝豆、ポテトサラダ、だし巻き卵などお酒に合う和風料理がさっと出てきますよ。飲み放題を楽しみたい場合におすすめです。しっぽり楽しみたい方は、なるべく早めに予約して個室を押さえておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS