ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

【保存版】フランス料理のマナーを総ざらい!

たくさんのカトラリーやお皿、グラス。なんだか複雑そうだし、かしこまった雰囲気に緊張しそう、と思う人が多いのが「フランス料理のマナー」。 カトラリーの使う順番は? パンはいつ食べていいの? ワインが苦手な場合は? 本稿ではフランス料理が初めての方や、スマートにエスコートしたい方、招待を受けたけどマナーが気になる方も、今こそ知っておきたい26の「フランス料理のマナー」についてQ&A方式で公開。
“日本のカルチェラタン”こと御茶ノ水で大人気のフレンチレストラン『TERROIR Kawabata(テロワール・カワバタ)』のシェフ、川端清生さんに「フランス料理のマナー」について教えていただいた。

正しいマナーは訪問前から!~下準備編~

Q.予約は必須ですか? もし予約する場合は、いつ頃、どうやってすればいいでしょうか?

A.カジュアルなお店のランチタイムなどで、席に余裕があれば当日の訪問も可能ですが、グランメゾン(一般的に、格式のあるフランス料理店を指す)などに予約なしでの訪問は避けたほうがベターです。お店は万全の状態でお客さまを出迎えたいもの。日にちが分かったら早めに、お店に電話やネット経由で予約するのがいいでしょう。

Q.最近多い「スマートカジュアル」というドレスコードにはどう対応したらいいですか?

A.男性ならシャツやジャケット、気になる場合はネクタイを持参するなどすれば間違いないと思います。その際、ボトムスにも注意を。ハーフパンツやサンダルは基本的にNGです。女性は清潔感のあるワンピースなどを着用するといいでしょう。「スーツほどかしこまらないけど、カジュアル服でもない」といったところでしょうか。

Q.香水はNGですか?

A.フレンチレストランに限らず、食事というのは飲み物も含め、香りまで味わいたいもの。それを邪魔してしまうような香水や化粧品の香りは避けたほうがベター。まわりへの気遣いもエレガントさの一つです。

まずは雰囲気を楽しむのが一番!~食事編~

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ