ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ダイエットの強い味方、見つけました!

Photo by muccinpurin

糖質制限や運動など、そのアプローチ法こそ違えど、体形を気にしてダイエットをしているみなさん、朗報です! 業務スーパーで見つけた「畑のお肉のカレーそぼろ」は、大豆たんぱく質を使ったアイテム。食物繊維やたんぱく質が豊富で減量中にはぴったりの食材なんです。

食物繊維たっぷり「畑のお肉のカレーそぼろ」

Photo by muccinpurin

「畑のお肉のカレーそぼろ」128円(税別)
今回ご紹介する「畑のお肉のカレーそぼろ」は、お肉の代わりに大豆たんぱくを使った、ヘルシーなアイテム。安心の国内製造です。 実は筆者も万年ダイエッターなので、たんぱく質を積極的に摂ることを心がけていたところ、業務スーパーでこのアイテムを発見しました。 瓶に入っていて開封前は常温保存可能なので、保存場所にも困ることはなさそう。冷蔵の調味料って増えがちなので常温保存できるのは助かります。

Photo by muccinpurin

通常、そぼろといえば、ひき肉を使うのが一般的ですよね。ところがこちらのカレーそぼろは、 “畑のお肉” とも呼ばれる植物性たんぱく質、大豆を使った加工品なんです。 ひき肉も大豆もたんぱく質ですが、動物性のたんぱく質には脂肪も多く、ダイエット中には気になる面も……。一方で植物性の大豆たんぱく質は脂肪が低く、食物繊維やアミノ酸が豊富なので、ダイエット中にもピッタリの注目食材なんです。 ダイエットにいい食材というと味気ないものも少なくありませんが、カレー味のこちらはパンチが効いていて満足感も高め。噛み応えもほぼひき肉と変わらず、言われなければまったく大豆だなんて気になりません!これはすごい!

アレンジ① ごはんにかけるだけ!カレーそぼろ丼

Photo by muccinpurin

まずはシンプルに、卵黄がのったカレーそぼろ丼でお味見。大豆というと、納豆や煮豆などやわらかくて食感が物足りないイメージですが、大豆たんぱく質は想像以上に噛み応えがあり、ほぼお肉と同様。 カレーの味付けでパンチがあり、にんじんやごぼうも入っているので味に深みもあります。 今回は、ごはんにもこんにゃくを混ぜているのでかなりカロリーが抑えられているはず。味も噛み応えも満足度が高いので、ダイエット中のごほうび飯としても最高です。

アレンジ② ささっと5分で。具だくさんオムレツ

Photo by muccinpurin

溶いた卵にカレーそぼろを混ぜて焼いて、具だくさんのオムレツにしてみました。 そぼろそのものにカレーの味がついているので、卵への塩こしょうは不要。筆者は卵とケチャップの組み合わせが好きなので追いケチャップしましたが、ケチャップなしでも充分おいしくいただけそうです。 じゃがいもや玉ねぎなどの具材を加えれば、より満足感がアップしそうですね。

甘口なので、子どものお弁当にも♪

Photo by muccinpurin

カレー味とはいえ、辛さはかなり控えめで、カレーで例えるなら甘口。だから大人だけでなく、子どものお弁当などにも使えて、ひと瓶ストックしておくといろいろと便利に使えそうです。 カレーの味付けでパンチがあるので、チャーハンやスープの具材として、調味料感覚で使うなんて言うのもアリですよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:畑のお肉のカレーそぼろ ■内容量:160g ■価格:128円(税別) ■カロリー:100gあたり239kcal ■販売場所:全国の業務スーパー各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS