ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

焼豚さえあれば、どんな料理もごちそうに!

Photo by muccinpurin

おうちチャーハンやラーメンを楽しむとき、「ちょっと何か足りないな……」ということ、ありますよね?お肉があるとベストだけど、あいにく切らしていて……というときに便利なアイテムを発見しました。 業務スーパーの「焼豚フレーク」は、焼豚を使いやすくフレーク状にし、瓶詰にしたお手軽アイテム。すでにフレーク状になっているので、調理の前に切る必要がなく、いろいろとアレンジの幅が広がりそうです。

味がしみしみ「焼豚フレーク」

Photo by muccinpurin

「焼豚フレーク」158円(税別)
今回ご紹介する「焼豚フレーク」は、業務スーパーの瓶詰売り場に置かれている、常温保存食材。開封後は冷蔵ですが、開封前は常温で保管できるので、買い置きにも便利です。さらに、国内製造なので安心。 シナモンや八角をブレンドした五香粉を使っているようで、ちょっぴりアジアな香りがします。

Photo by muccinpurin

もともと焼豚は、豚のかたまり肉を使って作るので、スライスして食べるのが普通ですよね。 今回の商品は、チャーシューをフレーク状にして瓶詰にしています。ラーメンにトッピングしたり、刻んでチャーハンの具材にしたりと、その用途はさまざま。 「かたまり肉じゃないから、食べ応えがなさそう……」という声も聞こえてきそうですが、使う前に刻む手間が省けると思えば、使い勝手がよさそうじゃないですか?

アレンジ① 味付けいらず!焼豚チャーハン

Photo by muccinpurin

すでに細かいフレーク状になった焼豚を使えば、チャーハンだって思いのまま。包丁やまな板を油まみれにしながら焼豚を刻む手間がありません。瓶から直接フライパンに入れられるので、なによりも調理がラクチン! しかも、焼豚そのものにしっかりと味がついているので、チャーハンの味付けは塩こしょうで十分。これひとつで味が決まります! 五香粉の香りも強すぎず、ほんのりと甘めの味付けがとても食べやすい印象です。焼豚特有の脂っぽさも少なめなので、胃もたれの心配もなさそうです。

アレンジ② インスタント麺にちょい足し

Photo by muccinpurin

たまに食べたくなるインスタント麺ですが、具材が少なくてがっかりすることもありますよね。そんなときは、焼豚フレークをちょい足しして、温玉を添えれば、満足度がぐんとアップ! しょうゆベースのスープに焼豚フレークの旨みが溶けこみ、ラーメンそのものの完成度が格段に上がりますよ。

お弁当にも使えそう♪

Photo by muccinpurin

ひと瓶158円の価格ながら、しっかりとした食べ応えと、刻みの使いやすさが光った業務スーパーの「焼豚フレーク」。 定番中の定番ですが、白ごはんにのせたり、おにぎりにしても間違いなくおいしいでしょうね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:焼豚フレーク ■内容量:160g ■価格:158円(税別) ■カロリー:100gあたり206kcal ■販売場所:全国の業務スーパー各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS