野菜も肉も魚介も♪ 旨味たっぷり「中華丼」の作り方・レシピ

温かいごはんのうえに具材たっぷりのあんかけをのせた「中華丼」は、そのひと皿においしさが凝縮されています。今回はボリューム満点、「中華丼」の基本レシピをご紹介しましょう。入れる具材に決まりはないので、冷蔵庫にあるものでアレンジも自在。大満足の一杯を召し上がれ♪

2019年9月12日 更新

具だくさんがうれしい「中華丼」の基本レシピ(調理時間:約20分)

丼に盛り付けた中華丼

Photo by sakura4

中華丼といえば、白菜、にんじん、たけのこ、椎茸、さらには豚肉にえびにイカにと、具材たっぷりのごちそう丼です。とろみのついたあんがごはんに絡み、何杯でもイケちゃうおいしさですよね。今回は野菜もお肉も魚介も入った栄養満点の「中華丼」レシピをお届けしましょう。

材料(2人分)

中華丼の材料

Photo by sakura4

・ごはん……2膳分
・白菜……80g
・にんじん……1/2本
・タケノコの水煮……60g
・豚バラ肉 (薄切り)……100g
・むきエビ……30g
・イカ……30g
・干し椎茸……3枚
・うずら卵の水煮……6個
・水……500cc

【調味料】
・しょうゆ……大さじ2杯
・みりん……大さじ1杯
・中華スープの素……小さじ2杯
・塩こしょう……少々

・水溶き片栗粉……適量
・ごま油……大さじ1杯

上手に作るコツ

水溶き片栗粉の基本割合は、片栗粉:1に対し水:1です。

とろみの様子を見ながらフライパンに入れる量を調整してくださいね。椎茸の戻し汁があれば水に加えてください。

作り方

1. 干し椎茸を水で戻す

水でもどしている干し椎茸

Photo by sakura4

2. 具材を切る

カットした中華丼の材料

Photo by sakura4

白菜は葉の部分はざく切りに、芯の部分はそぎ切りに。にんじんとたけのこは短冊切りに。豚ばら肉は4cmほどに。椎茸は太めの千切りにします。

3. 具材を炒める

肉、にんじん、たけのこ、椎茸、えび、イカを炒めているフライパン

Photo by sakura4

フライパンにごま油をひき、まずは豚バラ肉を炒め、色が変わったらにんじん、たけのこ、椎茸、えび、イカの順に入れて炒めます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう