アイスコーヒーをおいしく作るには?コツと手軽に作れるアイテムを紹介

喉が渇いたときにごくごく飲んでおいしいアイスコーヒー。アイスコーヒーをおいしく作るにはどうしたらいいの?今回はそんな疑問にお答えします!アイスコーヒーをおいしく作るコツ、さらに手軽に本格的なアイスコーヒーが作れるアイテムをご紹介。いつでもおいしいアイスコーヒーを飲みたい方へ♪

2019年8月30日 更新

お家のアイスコーヒーあるあるQ&A

アイスとホットで使う豆は違う?

アイスコーヒーを作るときは、ホットコーヒーを淹れるときよりも焙煎度が深いコーヒーを選ぶのがおすすめです。具体的な焙煎度合いは「フルシティロースト」くらい。

焙煎度が深いコーヒーを使うことで、冷やしてもコクのある味わいが出せます。また、パッケージ商品を使う場合は、アイス用を選ぶとよいでしょう。

インスタントコーヒーでも作れる?

インスタントコーヒーを使えば、手軽にアイスコーヒーを作ることができます。その場合は、コーヒーをすこし濃いめにするのがコツです。

ドリップの場合と同じく、インスタントコーヒーも氷を使って冷やします。お湯の量を少なめにして濃く作ることで、氷でコーヒーが希釈される分を補いましょう。

アイスにすると酸味が強くなるのはなぜ?

飲み物は温度によって味覚の感じ方が変わってきます。そのなかでも「酸味」は、温度が低いとやや強く感じられるのが特徴です。また、豆の挽き方や焙煎度によっても、酸味と苦味のバランスは変わってきます。

そのため、ホットコーヒーと同じ豆でアイスコーヒーを作ると、場合によっては「いつもより酸味が強い」と感じられることがあります。
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう