バリスタ直伝!本当においしい「アイスコーヒー」の作り方

この記事では自宅で簡単にできるおいしい「アイスコーヒー」の作り方を解説します。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、いつものアイスコーヒーが、まるでカフェで出てくるようなおいしさに!アイスコーヒーのアレンジもご紹介するので、参考にしてみてくださいね♪

2020年3月25日 更新

ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

おいしいアイスコーヒーの作り方3つのポイント

1. 深煎りの豆を選ぶ

Photo by 今野直倫

豆の種類は好みに合わせて良いのですが、焙煎度は「深煎り」のものを選ぶのがおすすめ。浅煎りのコーヒー豆だと、酸味や渋みが目立ったり味が薄くなってしまいがちです。

深煎りの豆でしっかりした味わいかつ、キリっとさわやかなアイスコーヒーを楽しみましょう。コーヒー屋さんで扱っている「アイスコーヒー用のブレンド」を試してみても良いですね。

2. 濃い目に淹れる

Photo by 今野直倫

アイスコーヒーは氷を入れて冷やして飲むので、薄くならないように濃い目に淹れましょう。具体的には、コーヒーを淹れるときに使う粉の量を増やすか、お湯の量を減らします

2倍に濃縮するくらいが氷を入れたときにちょうど良い濃さのコーヒーになります。「ちょっと濃いかも」くらいで、おいしいアイスコーヒーができあがりますよ。

3. 氷で急激に冷やす

Photo by 今野直倫

こちらは急冷式コーヒーの場合になりますが、熱いお湯で淹れたコーヒーを氷で一気に冷やすのがポイント。香りと旨みの閉じ込められた、味わい深いコーヒーになります。

また、ホットで淹れたコーヒーをゆっくり冷やしていくと、白く濁る現象が起きてしまう場合があります。急激に冷やして、見た目にも美しいクリアなコーヒーを楽しみましょう。

おいしい急冷式アイスコーヒーの作り方

では、実際に急冷式のアイスコーヒーを作ってみましょう。急冷式コーヒーとは、ホットコーヒーに氷を入れてアイスコーヒーしたもの。普段からお家でコーヒーを淹れている方であれば、少しやり方を変えるだけで簡単にできますよ。

用意する分量と器具

Photo by 今野直倫

・中挽きのコーヒー粉……25g
・熱湯……200cc
・氷……150g
・ポット(細口がおすすめ)
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・コーヒーサーバー

急冷式アイスコーヒーの作り方と手順

1. 準備

Photo by 今野直倫

あらかじめ氷を入れたコーヒーサーバーにドリッパーをのせましょう。そこに、ペーパーフィルターをセットしてコーヒー粉を入れます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS