フライパンひとつで簡単!パクチー香る「絶品ちぎりパン」のレシピ

パン作りというと手間がかかるイメージがあるかもしれませんが、実はフライパンで簡単に作れるんです。今回ご紹介するのは、近年人気のパクチーを使った「パクチーベーコンのちぎりパン」。お好みで具材をアレンジでき、大人数で楽しく食べられるレシピなので、ぜひ挑戦してみてください。

2019年7月30日 更新
この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

意外と簡単で豪華!「パクチーベーコンのちぎりパン」

もっちりとした生地とピザ風の味わいに、パクチーの香りがアクセントになった「パクチーベーコンのちぎりパン」。手間がかかるイメージが強いパン作りも、粉をこねて具をのせて形作り、仕上げはフライパンで焼くだけと案外簡単。具はお好みのものに変えて楽しめます。焼きあがったらフライパンのままテーブルに出して、みんなでアツアツをちぎりながら味わってください。

材料(26cmフライパン1つ分)

強力粉…300g
バター(無塩)…30g
砂糖…大さじ3
塩…小さじ1
ドライイースト…3g
卵(Mサイズ)…1個
牛乳…150cc
トマトソース…80g
ピザ用チーズ…50g
ベーコンスライス…60g(3枚)
パクチー…10g

作り方

1. 強力粉・バター・砂糖・塩・ドライイーストをボールに入れ、溶き卵1/2個分と牛乳を注ぎ入れます。ある程度まとまったら手でよくこねます。生地の端を伸ばしたときに破れず薄い膜ができるようになったら、丸めてラップをかけたボウルの中で1次発酵させてください。(温かい場所で30分~1時間)

2. 生地の空気を抜いて2等分にし、めん棒で約30×15cmほどの長方形に伸ばします。その上にピザソースを半量塗り、4等分に切ったベーコンを半量乗せ、ちぎったパクチーとピザ用チーズを半量ずつ散らし、端から巻きましょう。これを2本作ってください。
3. それぞれ6等分に切り、クッキングシートを敷いたフライパンに丸く並べ、蓋をして生地が2倍になるまで2次発酵させます。(温かい場所で30分~1時間)

4. 溶き卵の残りをハケで生地の表面に塗り、ごく弱火で約30分焼いてください。

ポイント
生地に具材をのせるとき、端まで置くとこぼれやすいので、少し内側に置くようにするのがポイント。具をブルーチーズとくるみにして最後にはちみつをかけても、大人な味わいの新鮮なパンになりますよ。
今回のレシピのフライパンには、「Dish&Chill」のスキレット風フライパン「IH対応ガラス蓋付オンザテーブルパン」がおすすめ。少し大きめの26cmは、パスタやパエリア・アクアパッツァなどのメイン料理を作る際にも重宝するサイズです。取っ手が短めで、テーブルにそのまま出したときも邪魔にならないので、ホームパーティーなどでも活躍します。

公式ホームページには、こちらのテーブルパンを使ったレシピがほかにもたくさん掲載されているので、ぜひご覧ください。
photo / 和平フレイズ株式会社
和平フレイズ公式サイト DAYWEAR WAHEI
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Sheage(シェアージュ)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう