トマトダイエットの注意点

東洋医学では、トマトは体を冷やすと言われています。また、多量に摂取した場合、お腹がゆるくなることも。胃腸の弱い方や体調が悪いときは、一旦中止して、様子を見てください。

トマトダイエットにおすすめのレシピ

1. 甘さきわだつ!カラフルトマトのピクルス

Photo by macaroni

甘酢に漬け込んだミニトマトのピクルス。 酢は脂肪を燃焼する働きや、血糖値の急激な上昇を防ぐ作用があるので、ダイエット中にもおすすめです。また、酸味がきいているので、甘いものが食べたい!と思ったときに食べると、気分転換にもなりますよ。

2. きれいな赤に!トマト缶でスイートトマトゼリー

Photo by macaroni

トマトを食べたり、トマトジュースを飲むだけでは飽きてきた……。というかたにおすすめのレシピです。 寒天には食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維は便のかさを増やして腸のぜん動運動を促すため、便秘を解消する働きが期待できます。寒天の食感もかたいので、噛む回数が増えることで少量でも満足感がたかまるゼリーです。

少しずつきれいに♪

リコピンをはじめ体に良い栄養素を豊富に含むトマトですが、これだけを食べていれば大丈夫という万能食品ではありません。 必ずバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。リバウンドを避け美しく健康的に痩せるためには、時間をかけたダイエットが鉄則!楽しみながら少しずつきれいになってくださいね。
【参考文献】
【文】管理栄養士 / 白江和子 夫にそそのかされて、40代で管理栄養士の資格を取得。健康診断の仕事(内臓脂肪測定等)を不定期でしています。
【監修】管理栄養士 / 服部麗 学生時代のインターンを経て予防医療の重要性を感じる。健康につながる正しい食事のとり方やダイエット方法を伝えるために、栄養カウンセリングや特定保健指導、コラム執筆などをおこなう。そのほか、書籍監修やレシピ開発、セミナー講師など幅広く活躍中。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS