ライター : 白江 和子

管理栄養士

関西在住の主婦です。専門的な話題もわかりやすく、また楽しくお届けできるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

トマトダイエットの効果は?

便秘を解消

トマトには、水溶性の食物繊維である、ペクチンが含まれています。ペクチンには善玉菌を増やす働きがあり、腸の調子を整える作用が期待できます。 また、ペクチンは腸内の物質と結合し、便の容積を増やすことで腸のぜん動運動を促進する効果もあります。この2つの働きにより体内の有害物質を体外に排出するため、便秘解消に効果的と言われているのです。(※2,3) ペクチンといえば、りんごや柑橘系のフルーツに多いイメージですが、トマトにも豊富に含まれているのですね。

血流を改善

トマトの栄養素と言えば「リコピン!」が頭に浮かぶ方も多いのではないですか?リコピンは、強い抗酸化作用を持ち、活性酸素の発⽣や働きを抑制したり、活性酸素そのものを除去してくれる優れもの。 強い抗酸化作用により血液中のコレステロールの酸化を抑制することで、⾎流の障害物である血栓の生成を抑え、血流を改善してくれるのです。 また血流が良くなることで、代謝が促進され太りにくい体作りを目指すことができます。リコピンには肌をきれいに保つ働きもあり、きれいにやせるには不可欠なアイテムですね。(※4)

むくみを解消

トマトには、むくみ解消に効果的なカリウムやクエン酸が豊富。むくみの原因のひとつに塩分の取り過ぎがあります。 塩分は、体内に水を蓄える働きを持つため、摂りすぎると水分がうまく排泄されず、むくみの原因に。カリウムには、塩分を体外に排出する働きがあり、むくみの解消が期待できます。 クエン酸は、体内の新陳代謝を活性化し血液やリンパの流れを促す働きがあり、むくみ解消に効果的です。新陳代謝が活性化されれば、ダイエットへの効果も期待できますね。(※5,6,7)

脂肪燃焼

京都大学大学院 農学研究科の河田照雄教授をはじめとする研究チームが、トマトから脂肪肝や高脂血症などの脂質代謝異常の改善に有効な物質を発見したことを、2012年2月10日付けの米国のオンライン科学誌 PLoS ONE に発表しました。 13-oxo-ODAというこの有効物質は、トマトの中でも特にトマトジュースに多く含まれているようです。この研究結果からも、トマトがダイエットに効果が期待できることがわかりますね。(※8)

そのほか、ダイエット中に嬉しいポイントは?

カロリーが低い

トマトは、じゃがいもやかぼちゃなどと異なり、糖質分も少ないためカロリーが低くダイエット中でも安心して食べられる食材です。 トマト(生)……19kcal ミニトマト(生)……29kcal 缶詰ホール……20kcal トマトジュース……17kcal ※すべて100gあたりのカロリー(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS