ウイスキーは健康にいい!? 女性におすすめする3つの理由

世間でまことしやかに囁かれている「ウイスキーは健康にいい」という噂。今回は、その真意のほどを探ってみました。すると、ウイスキーには女性に嬉しい効果が期待できることが分かったんです!この記事では、ウイスキーを女性におすすめしたい理由をお話しします。

2019年3月20日 更新

ライター : yukky

和洋中なんでも好き、スイーツも好き、ビールフェスはもっと好き。最近は、下北、吉祥寺に出没傾向。宜しくおねがいします。

ウイスキーが健康にいいって本当!?

近年、ハイボールが一大ムーブメントを引き起こしたものの、依然とっつきにくいお酒というイメージを拭いきれないウイスキー。その骨太な感じからハードボイルドなお酒と思われがちですが、実は女性にこそ嗜んでいただきたい理由があるのです。 今回は、そんなウイスキーの健康効果についてお話しします。

1. ダイエット中におすすめ

ウイスキーのカロリー

「ダイエット」というワードが出たら、まず気になるのがカロリーですよね。今回は、ウイスキー、ビール、赤ワインのカロリーを100mlあたりで比較してみました。 ・ウイスキー……237kcal(※1) ・ビール(淡色)……40kcal(※2) ・赤ワイン……73kcal(※3) 数字だけ見ると、かなりウイスキーが高カロリーであることが分かりますね。ただ、これはあくまで100mlで比べた場合。 ビールやワインに比べてアルコール度数の高いウイスキーは、一度に多く飲むことがあまりありません。そのため、飲み会1回分などの摂取カロリーは、ほかのお酒とあまり変わらないのが現状なのです。

ウイスキーは糖質が含まれていない

ウイスキーは蒸留酒であるため、糖質が含まれていません。(※1)ビールだと100mlあたり3.1g(※2)、赤ワインだと1.5g含まれている(※3)ので、飲む量のことを考えても、ダイエット中はウイスキーを飲むのがおすすめなんです。

2. ウイスキーの香りでストレス緩和・リラックス

ストレスホルモンの分泌を抑える

わたしたちはストレスを感じると、脳にある副腎皮質という部分からストレスホルモン「ACTH」が分泌されます。ウイスキーの香り成分には、副腎皮質に作用してACTHの分泌を抑える効果が認められています。(※4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS