カナディアンウイスキーの特徴&おすすめ7選!ハイボールにも♪

上級者向けの印象が強いウイスキーですが、初心者さんでも飲みやすいという「カナディアンウイスキー」をご存知でしょうか?その特徴とは、原料や作り方、味わいやおすすめの飲み方も解説。通販でも購入できる、おすすめの7選もご紹介します。

2019年4月9日 更新

3. バニラを感じる「カナディアンミスト」

3大カナディアンウイスキーに並べられるひと品。カナディアンミストは、カナディアンウイスキーらしい甘みの中にも、苦みが感じられる味わいです。バニラのような香りを感じていただける銘柄ですよ。

4. ライ麦100%「アルバータ プレミアム」

カナディアンウイスキーでは物足りない、という方にはこちらがおすすめ。原料にライ麦を100%使ったカナディアンウイスキーです。フレーバリングウイスキーだけでなく、ベースウイスキーもライ麦で作られたものが使われています。苦みを残した甘みが広がり、ライ麦だけで作られたものの中では飲みやすいですよ。

5. こちらも試してみて「アルバータ ダークバッチ」

こちらは「アルバータプレミアム」と合わせて試していただきたい、フレーバリングされたひと品。バーボンとシェリー酒がブレンドされており、ベースには12年熟成のウイスキーが使われています。フルーティーでリッチな味わいがいただけますよ。

6. 角のない熟成感「クラウンローヤル」

クラウンローヤルは、日本でも知名度の高いカナディアンウイスキーの銘柄です。ブランデーのような熟成感が特徴ながら、ツンとした感じはありません。フルーティーでキャラメルやバニラのような甘みが広がります。ぜひ、ストレートで飲んでいただきたいひと品です。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう