世界5大ウイスキー「スコッチ」の特徴と選び方、おすすめ商品10選

アイリッシュと並んでウイスキーの起源とされるスコッチ。どちらが先かは諸説ありますが、世界的に評価が高く有名なのは間違いなくスコッチですね。そんなスコッチウイスキーの特徴と選び方のポイント、あわせておすすめの人気商品10選をご紹介します。

2019年5月24日 更新

スコッチウイスキーとはどんなお酒?

スコッチとはイギリスのスコットランドで製造されるウイスキーのことを指し、大麦麦芽であるモルトと、トウモロコシなど雑穀のグレーンを原料とした蒸留酒から作られます。

原野に堆積する泥炭ピートを焚いて麦芽を乾燥させるため、そのスモーキーな香りがモルトに残り、独特のフレーバーを持つスコッチウイスキーとなるのが一番の特徴です。

スコッチと呼ぶには厳格な決まりがある!

製造方法によるスコッチウイスキーの定義

スコッチを製造するうえで、数々の厳格な定義があります。スコットランドの蒸留所で、モルトウイスキーは大麦麦芽と水、酵母のみを原料とした蒸留酒であること。グレーンはトウモロコシと大麦麦芽を原料とすることが定められています。

さらに糖化から発酵、蒸留までを当該蒸留所でおこなうことが義務付けられていて、オーク樽に詰めてから3年以上熟成させることも厳守すべき条件です。また水と無味カラメル着色料以外の添加物は一切認められていません。

スコッチのアルコール度数にもルールがある

イギリスはすでにEUからの脱退を決めていますが、EUの条例では瓶詰めされた蒸留酒は、40%以上のアルコール度数でなければならないという決まりがあります。

したがってスコッチウイスキーもそれにならって、すべての製品が40%以上のアルコール分を有していて、なかには40%台後半にもなるスコッチもあるそうです。

スコッチを選ぶのに知っておきたい種類

1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう