ブルーノのホットプレートで何を作る?おすすめレシピ付き

おしゃれでかわいいと人気のブルーノのホットプレートに注目!その種類にはどんなものがあるのか、小さいものと大きいもの違いとは!? そのほか、カラーやプレート、オプションなどを解説。それぞれのサイズで作るおすすめのレシピも一緒にご紹介します。

2019年3月12日 更新

大人気!ブルーノのホットプレート

かわいい見た目で人気のブルーノ(BRUNO)のホットプレート。おしゃれなこのホットプレートは、カラーも豊富で、使っていない時にはインテリアとしても活躍してくれるんです。そんなブルーノのホットプレートには3種類のサイズが存在します。長方形の「コンパクト」「グランデサイズ」、さらに楕円形の「オーバル」があり、それぞれに適した料理があるんですよ。

また、なんと言ってもオプションが豊富なところも魅力です。さまざまな種類のプレートやガラスのフタ、デコレーションのノブなど使い方や楽しみ方がぐんと広がります。

ブルーノのホットプレートの種類

サイズ

コンパクト

大きいものが多いホットプレートですが、ブルーノのホットプレートコンパクトなら、幅37.5cm、奥行き23.5cm、高さ14cm。この大きさはA4用紙にすっぽりと収まるサイズです。収納するにもじゃまにならず、ひとりで使うのはもちろん、2人から3人の少人数で使いやすい大きさですよ。

テーブルの脇に置いて、メインではなく献立のひと品として楽しむ使い方もできます。毎日使いやすい、ちょうどいいサイズ感のひと品なんです。

グランデ

しっかりサイズのグランデは幅48cm、奥行き28cm、高さ15.5cm。4人用から5人用のみんなで囲んで使えるタイプのホットプレートで、楽しみ方はさまざま。テーブルの真ん中に置いてメインを楽しむのはもちろん、大人数のパーティーでは、ひと品を飾るにもぴったりですよ。

大きくては収納に困りがちですが、おしゃれなブルーノのホットプレートなら、飾るように置いておくだけでもインテリアとして活躍してくれます。

オーバル

おしゃれなオーバル型は幅39cm、奥行き26cm、高さ15cmと、コンパクトをひと回り大きくしたようなサイズ感です。3人用から4人用にぴったりの大きさで、丸テーブルにもぴったり◎ みんなで囲みやすい形も特徴ですよ。

ほかのホットプレートではなかなか見ることのないおしゃれな形も魅力のひとつ。飾るように収納するのもおすすめです。そこにあるだけで、まあるい気持ちになれるひと品ですよ。

カラー

ブルーノのホットプレートはカラーが豊富♪ ポップなものやシックなもの、どれをとってもおしゃれなカラーばかりがそろいます。

シンプル派さんにはホワイトがおすすめ。お料理をおいしく見せてくれるポップなレッドも定番カラーです。やわらかい雰囲気が特徴的なブルーグレーや、ガーリーなペールピンクにシェルピンク、おしゃれに差をつけたい方にはネイビーがぴったり。そのほかのシーズン限定カラーには、モスグリーンやグレージュなどもあるんです。

プレート

コンパクト

コンパクトには、定番のフラットなプレートのほか、たこ焼きプレートも付いてきます。しかもうれしい大玉サイズ◎ 穴数も24穴と3人から4人でも楽しめます。このたこ焼きプレートを使って作るひと口サイズの料理やアヒージョ、デザートが写真映えもすると人気なんです。

オプションでは、焼肉にもぴったりのグリルプレート、炊き込みもできるセラミックコート鍋、まるいパンケーキや目玉焼きが焼けるマルチプレートもそろいますよ。

グランデ

グランデサイズにもコンパクトと同じく、フッ素樹脂コートが施されたフラットな平面プレートとたこ焼きプレートが付いていきます。たこ焼きプレートの穴数は、大玉サイズはそのままにたっぷり35穴!プレートは取り外すことが可能なので、洗浄もらくらく♪ 丸洗いできるので、いつでも清潔に保つことができます。

オプションでは、焼肉にもぴったりのグリルプレート、炊き込みもできるセラミックコート鍋のほか、2種類の料理が一度に楽しめる仕切りプレートがありますよ。

オーバル

おしゃれなオーバルにも定番の平面プレートと24穴のたこ焼きプレートが付いてきますよ。さらには鍋や煮込み料理ができる深鍋プレートもセットになっています。そのほかオプションでは、ハーフプレートもあります◎

プレートを取替える際に便利なハンドルやあつあつのプレートをそのまま置くことができるシリコンマットも付いてきくるので、テーブルでそのまま料理をし、プレートを変えて違う料理を作るといった楽しみ方がかんたんにできるんです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう