【たまご×ワタナベマキ】半熟卵天丼

人気料理家・ワタナベマキさんの新著「たまご×ワタナベマキ=ソース」が発売されました。macaroniでは、本書から厳選したレシピを料理動画化。今回は「半熟卵天丼」の作り方をご紹介します。

このレシピを考案したのは

ワタナベマキ / 料理家
グラフィックデザイナーを経て料理家に。日々を大事にしたいとの思いから、2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の活動を始める。野菜たっぷりの体にやさしい料理を提案。作りやすく丁寧な料理、ナチュラルでセンスのあるライフスタイルにもファンが多い。近著に『作り込まない作りおき』(KADOKAWA)、『アジアのサラダ』(主婦と生活社)『かけるだけ、あえるだけ 醬の本』(家の光協会)、『旬菜ごよみ365日』『グラタン・ドリア』(誠文堂新光社)など。

材料

(2人分)
  • 温かいごはん丼2杯分
  • 2個
  • ひとつまみ
  • 小麦粉大さじ1杯
  • a. 小麦粉大さじ4杯
  • a. 冷水80cc
  • 揚げ油適量
  • b. だし汁100cc
  • b. しょうゆ大さじ2杯
  • b. みりん大さじ1杯
  • 紅しょうが適量

下ごしらえ

卵は常温に戻します。

作り方

1

常温に戻した卵を塩を加えた熱湯に入れ、7分ほど茹でて冷水にとり、殻をむきます。

2

卵の表面に破裂防止の穴を竹串で4〜5ヶ所開け、小麦粉を全体にまぶします。

3

ボウルに(a)の材料を入れ、粉が残る程度にざっくりと混ぜ、②を入れて全体につけます。170℃の揚げ油に入れ、こんがりするまで揚げます。

4

小鍋に(b)の材料を入れて火にかけ、煮立ったら火を止めます。

5

丼にごはんを盛り、③をのせ、④を回しかけます。お好みで紅しょうがを添えて召し上がれ。

コツ・ポイント

・茹でた卵は衣をつける前にしっかりと下粉をつけることで、衣のつきがよくなります。

・揚げ油に入れる時は、お玉にのせてから入れると卵が割れにくく安心です。
その他のワタナベマキさんの動画はこちら

このレシピがのっている本

ITEM

たまご×ワタナベマキ=ソース: たまごブック (食の方程式)

¥1,620〜 ※2019年3月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう