【予算別】おすすめフードプロセッサー7選!選び方ガイド付き

料理の下ごしらえが格段に楽になるキッチン用品、フードプロセッサー。切り刻む、すりつぶす、混ぜるといった機能を持つフードプロセッサーを購入する際のポイントやお手入れ方法、ブレンダーとの違い、おすすめ商品をご紹介します。こねたりこしたり、といった機能がついた高機能商品もありますよ♪

2019年2月13日 更新

4. 容器は丈夫なガラス製!パナソニック「フードプロセッサー」

ステンレス製のカッターのほか、おろし、とろろカッターが付き。ガラス容器なのでプラスチックより重めですが、傷がつきにくく丈夫です。ハンバーグのたねを作る時、最大量500g使用可能なので、家族の分を同時に作れます。

【ALL10,000円以上】高機能フードプロセッサー3選

5. フープロ初心者にもおすすめ♪ 山本電気株式会社「あじのさと Wスピード フードプロセッサー」

フープロ初心者さんでも使いやすい商品です。スピードはHIとLOWの2段階。ナイフカッターとおろしカッターで、つぶす・刻む・混ぜる・おろすの作業が可能です。お手入れ簡単、ボウルがステンレス製ということも高ポイントです。

6. 口コミでも人気!山本電気「マルチスピードミキサー マスターカット フードプロセッサー」

刻むだけでなく、生地をこねる、コーヒーをひくなど8つの作業ができる商品です。スピードも800回転~3,000回転ま調整可能。ボウルはステンレス製なので、においなども気になりません。とにかく使い勝手がいいと口コミでも高評価を得ています。

7. おしゃれでパワフル!クイジナート「フードプロセッサー 1.9L」

容量1.9L!3人分から4人分の食材を作るのにピッタリな商品です。刻む、こねる、おろすのほか、薄切りや細切りもでき、パワフルで使いやすいと口コミでも◎ 縦型スリムでおしゃれなデザインもポイントです。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう