ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

ドイツの老舗ブランド「turk(ターク)」とは

タークは1857年から続くドイツの老舗フライパンブランドです。古くから鉄製品製造の中心地であったドイツ・ルール地方でクラシックフライパンを作り続けています。 150年間ずっと変わらず継承されてきた技術によって製造されたフライパンは、無骨で荒々しい印象。しかし、使い込むほど艶が増し手に馴染んでいくので、育てる楽しみを味わえます。

100年使える!? 肉厚な鉄フライパンが人気

1. 一体型なので半永久的に使用可能

タークのフライパンは鉄の塊を何度も何度も叩いて成形する、いわゆる「一体型」の鉄フライパンです。お手入れさえしっかりすれば「100年使える」とも!また、使い込むことで風合いが増すので、自分で道具を育てる楽しみが味わえます。

2. バツグンの熱まわりと蓄熱性!食材の持ち味を最大限に引き出す

タークのフライパンは熱まわりと蓄熱性が高いのが特長。分厚いお肉ならカリッとジューシーに、野菜ならシャキッと歯ごたえよく仕上げられます。食材に火が早くとおるため、調理時間が短くすむのも大きな魅力!

基本の使い方

まずは強火でフライパンの表面を十分に温めましょう。手をかざして温まったことを確認したら、弱火から中火にして調理開始!鉄の蓄熱製の高さを活かして、予熱後は弱火から中火でじっくりと焼きましょう。 予熱の際、煙が出てしまったら温めすぎのサイン。その場合は一度火を止めて冷ましましょう。また、油は多めに引くことで食材がこびりつきづらくなります。タークはIHでも使用可能なので、オール電化のご家庭にもおすすめ!

お手入れ方法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS