育てる楽しみ♪ ドイツの鉄フライパン「ターク」の魅力を徹底解説

料理が楽しくなってくると調理器具にも関心が向いてくるもの。どうせだったら良い道具を使いたくなりますよね!そこで今回はドイツのフライパン「turk(ターク)」をご紹介。人気の秘密や使い方、お手入れ方法や利用者の口コミをチェックしましょう!

2018年10月29日 更新

ドイツの老舗ブランド「turk(ターク)」とは

タークは1857年から続くドイツの老舗フライパンブランドです。古くから鉄製品製造の中心地であったドイツ・ルール地方でクラシックフライパンを作り続けています。

150年間ずっと変わらず継承されてきた技術によって製造されたフライパンは、無骨で荒々しい印象。しかし、使い込むほど艶が増し手に馴染んでいくので、育てる楽しみを味わえます。

100年使える!? 肉厚な鉄フライパンが人気

1. 一体型なので半永久的に使用可能

タークのフライパンは鉄の塊を何度も何度も叩いて成形する、いわゆる「一体型」の鉄フライパンです。お手入れさえしっかりすれば「100年使える」とも!また、使い込むことで風合いが増すので、自分で道具を育てる楽しみが味わえます。

2. バツグンの熱まわりと蓄熱性!食材の持ち味を最大限に引き出す

タークのフライパンは熱まわりと蓄熱性が高いのが特長。分厚いお肉ならカリッとジューシーに、野菜ならシャキッと歯ごたえよく仕上げられます。食材に火が早くとおるため、調理時間が短くすむのも大きな魅力!
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう