土鍋を使うときの注意点

土鍋は急激な温度変化に弱い特徴があります。実際に調理を始めるときには、弱火から中火、と少しずつ火力を上げていくようにしましょう。また、鍋の底に水滴がついていてもひび割れの原因になるので、目止めのあとや洗ってすぐに使う際には、きちんと乾かした状態で使用するようにしてください。 そして、空炊きにも注意が必要です。今回紹介した土鍋の中にも空炊きOKの土鍋がありますが、基本的には土鍋の負担になります。 しまうときにはきちんと乾いていることを確認し、湿気がない場所で保管するようにしましょう。

今年の冬はおしゃれ土鍋で温かいお鍋を作ろう♪

寒い季節には毎日でも食べたくなるお鍋料理。ごはんを炊いたり煮込み料理をすることもできるので、自分のお気に入りのものを持っておくと、お鍋をするのがもっと楽しくなるはず! デザイン性、機能性に富んだおしゃれな土鍋で、今年は温かいお鍋を楽しむのはいかがですか?
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS