「ハリオの土鍋」のココがすごい!ご飯釜やIH対応シリーズも◎

ハリオは耐熱ガラスのメーカーとして有名ですが、土鍋も販売しているのをご存知ですか?ハリオの土鍋は、フタはガラス製、本体は日本製の萬古焼で、ご飯が炊ける様子が見えるんですよ!ハリオの土鍋の特徴や使いやすさのポイント、口コミ情報をご紹介します。

HARIO(ハリオ)の土鍋でふっくらおいしいご飯!

土鍋は加熱した時に鍋の中の温度がゆっくりと上がり、温度が上がったあとは高温がキープされます。お米を炊くときのセオリー「始めちょろちょろ中ぱっぱ」が実現されるというわけです。さらに遠赤外線の効果でふっくらと炊きあがるという特徴も。

今回紹介するハリオの土鍋では、加熱開始から30分程度で完成。炊飯器よりも短時間で炊きあがるのもうれしいですね。

ハリオの土鍋を使ったご飯の炊き方

1. 米を洗い、ざるでしっかり水を切ったあと、ご飯釜に入れる。
2. 目安ラインまで水を入れ、30分(冬場は1時間)浸水。
3. 強火で加熱。8~10分でフタに着いたホイッスルが鳴り始めます。
4. ホイッスルが鳴ったら1分強火のまま加熱し、火を止める。
5. 15分蒸らしたら完成!
※おこげを作りたいときは、ホイッスルが鳴ったあと3分間強火で加熱してくださいね♪

炊き込み御飯やおかゆは?

ハリオのご飯釜は通常の炊飯やおこげを楽しむだけでなく、おかゆや炊き込みご飯を作ることもできます!ご飯釜には炊き込みご飯の参考レシピがついていますので、まず参考にしてみて慣れたらオリジナルレシピに挑戦するのもいいでしょう。

ハリオの土鍋の特徴

透明な耐熱ガラスのフタ

ハリオの土鍋の大きな特徴が、ガラス製のフタです。耐熱ガラスはハリオの主力製品でもあるので、安心感がありますね!鍋の中を確認することができ、着脱可能な樹脂製のつまみで、お手入れもフタの開け閉めもストレスフリーです。

萬古焼の土鍋

ハリオの土鍋・ご飯釜の本体は萬古焼です。萬古焼は保温性に優れており、耐久性が高いのが特徴です。鍋の表面はつるっとなめらか、おこげが付いても水につけておけばスルリとはがれ、洗いやすいのもいいですね。

火加減簡単!ホイッスルでお知らせも

ハリオのご飯釜にはフタにホイッスルがついています。このホイッスルとフタの形状は、釜の中がしっかり沸騰し、ご飯が炊きあがる1分前に鳴る仕組み。ご飯を炊くときは強火にかけて、ホイッスルが鳴れば1分で炊きあがりの目安なので、だれにでも使いやすい設計です♪

なお、ハリオ製品には土鍋・ご飯釜・雪平鍋の3種類があります。ホイッスルはご飯釜にしかついていないので、炊飯で使いたいときにはぜひご飯釜を購入してくださいね!

IH対応は?

IHをお使いの方には、「フタがガラスIH対応ご飯釜雪平」がありますよ!こちらは、ステンレスとアルミの4層構造、本体内側はフッ素樹脂加工でこびりつきにくくなっており、炊飯以外の煮込み調理にも使えます♪

(ご飯釜・土鍋は耐熱陶器製のため、IHコンロでの加熱はできません。)

気になる口コミ

手軽においしいご飯が炊けるハリオの土鍋。ネット上ではこんな声が上がっています。

・ピー!と鳴ってから約2分で炊き上がる優れもの。
・炊飯器より安い早いうまい!
・欠点はとてもおいしく炊けるので食べ過ぎてしまうこと。

HARIOの土鍋おすすめ3選

1. ひとり暮らしにピッタリ「フタ が ガラス の ご飯釜 1合 」

特集

SPECIAL CONTENTS