「ハリオの土鍋」のココがすごい!ご飯釜やIH対応シリーズも◎

ハリオは耐熱ガラスのメーカーとして有名ですが、土鍋も販売しているのをご存知ですか?ハリオの土鍋は、フタはガラス製、本体は日本製の萬古焼で、ご飯が炊ける様子が見えるんですよ!ハリオの土鍋の特徴や使いやすさのポイント、口コミ情報をご紹介します。

2018年5月31日 更新

HARIO(ハリオ)の土鍋でふっくらおいしいご飯!

土鍋は加熱した時に鍋の中の温度がゆっくりと上がり、温度が上がったあとは高温がキープされます。お米を炊くときのセオリー「始めちょろちょろ中ぱっぱ」が実現されるというわけです。さらに遠赤外線の効果でふっくらと炊きあがるという特徴も。

今回紹介するハリオの土鍋では、加熱開始から30分程度で完成。炊飯器よりも短時間で炊きあがるのもうれしいですね。

ハリオの土鍋を使ったご飯の炊き方

1. 米を洗い、ざるでしっかり水を切ったあと、ご飯釜に入れる。
2. 目安ラインまで水を入れ、30分(冬場は1時間)浸水。
3. 強火で加熱。8~10分でフタに着いたホイッスルが鳴り始めます。
4. ホイッスルが鳴ったら1分強火のまま加熱し、火を止める。
5. 15分蒸らしたら完成!
※おこげを作りたいときは、ホイッスルが鳴ったあと3分間強火で加熱してくださいね♪

炊き込み御飯やおかゆは?

ハリオのご飯釜は通常の炊飯やおこげを楽しむだけでなく、おかゆや炊き込みご飯を作ることもできます!ご飯釜には炊き込みご飯の参考レシピがついていますので、まず参考にしてみて慣れたらオリジナルレシピに挑戦するのもいいでしょう。

ハリオの土鍋の特徴

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう