こんな作り方があった!ビーフシチューの人気レシピ15選

秋の訪れを感じると温かいシチューが食べたくなります。なかでもビーフシチューは、ハードルが高いスペシャル感のあるごちそう。でも工夫しだいで、簡単にお家で本格的なビーフシチューができるんです。アイデア満載の人気レシピを集めてみました。

赤ワインがポイント!本格ビーフシチューの人気レシピ5選

1. 牛スネ肉の本格ビーフシチュー

牛スネ肉で作るビーフシチューは、コクがあってねっとりとした食感が本格的な味わいになります。ちょっと時間はかかりますが、赤ワインとデミグラスソース缶でレストランの味が家庭で楽しめますよ。おもてなし料理として覚えておきたいレシピです。

2. 2日間煮込んだトロトロビーフシチュー

シチューもひと晩置くと旨みがアップ!味を決める前に寝かせておくと、赤ワインのしみ込んだ牛肉と野菜の甘みが凝縮されます。2日目に味付けをしてさらに煮込むことで、肉はトロトロでコクのある本格的なビーフシチューに格上げしますよ。

3. さらりとトマトビーフシチュー

ビーフシチューの基本は何よりコトコト煮込むこと。あとは時間とお鍋が自然とおいしい味を引き出してくれます。あえてフレッシュトマトとトマトジュースを使うことで、さらりとしたまろやかな味わいになりますよ。みりんを加えると、さらに甘みが加わります。

4. オーブン煮で昔ながらのビーフシチュー

昔ながらのオーブン煮にすれば、おもてなしにピッタリの豪華なプレートに仕上がります。途中でお肉を取り出したら、ブレンダーでスープをなめらかにするひと手間が本格的な味わいに。メインでテーブルを飾るのにふさわしい絶品シチューの完成です。

5. デミ缶使わない我が家のビーフシチュー

プルーンを加えることで、栄養価の高いシチューになります。デミグラスソースを使わなくても、トマト缶と赤ワインでじっくり煮込めばうまみ成分が溶けだします。最後に生クリームで、お子さんもよろこぶ、おうちビーフシチューのできあがり!

市販のルーをアレンジ♪ 簡単ビーフシチューの人気レシピ5選

6. 市販のルーで大根のビーフシチュー

お給料日前でピンチ!のときには、お手軽な材料でビーフシチューを作ってみませんか?牛こまを使えば長く煮込む必要はありません。大根は下処理なしでもトロトロ。煮込むときに赤ワインを多めに加えれば、市販のルーでも本格的な味になりますよ。

7. 子どもも大好き♪ 簡単ビーフシチュー

お子さんが食べやすいように、牛すじ肉を小さめにカットして煮込みます。じゃがいもは煮くずれしないように、大きめに。ポイントは市販のルーを2種類用意すること。2つのルーを混ぜ合わせることで相乗効果を生み、おいしいシチューになるそうです。お子さん好みに味付けを変えることもできますね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう