木の芽の使い方

そのまま添える

焼き魚や肉料理、田楽など、メインディッシュに添えてあるのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。付け合わせとして添えられる木の芽は、料理に爽やかな香りと彩りを加えてくれます。盛り付けに立体感を出したいときは、木の芽を何枚か重ねたり、大根の「つま」と一緒に添えたりするといいですね。

細かく刻んでふりかける

木の芽を細かくみじん切りにして、バジルのような感覚で楽しむ使い方もおすすめです。木の芽をオーブンで軽く乾燥させたら、乾いたまな板でみじん切りにして料理にふりかけましょう。焼き物にそのまま添えるよりも香りが立ち、揚げ物にふりかければ清涼感を味わえます。

木の芽味噌にする

すりこぎで細かくすって白味噌と合わせれば、幅広い食材と相性のよい「木の芽味噌」が完成します。みりんや砂糖で甘みをきかせた木の芽味噌は、和え物や味噌田楽など和食の一品料理にぴったり。そのまま野菜をディップしてもいいですね。

木の芽の保存方法

木の芽はとても乾燥しやすい食材です。保存する場合は、濡らしてかたく絞ったクッキングペーパーに包み、ラップをしてから保存容器に入れるようにします。傷みやすいので、包む際もなるべく重ならないように並べて保存するのがおすすめですよ。調理するときも、使う直前までは濡れたクッキングペーパーで挟んで置いておくようにしましょう。

木の芽を使ったレシピ5選

1. 筍の木の芽田楽

最初にご紹介するのは、旬の時期が同じで、味の相性もいい筍と組み合わせたお料理です。色味のない筍に緑が映えるのもよく、炊き込みご飯にもよく添えられますよね。ほうれん草に木の芽をたっぷり加えた味噌を塗って焼き上げる、香り高いひと皿ですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ