シェフ直伝!霜降り牛肉で作る「ごちそう牛丼」レシピ

早い、安い、美味い、三拍子が揃って完成すると思い込んでいた「牛丼」。その一拍、「安い」が完全に覆るレシピを、プロに教えてもらいました!早くて豪華で美味し過ぎるごちそう牛丼レシピを、新宿伊勢丹の岩田晴美シェフが伝授します!

2019年1月10日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
早い、安い、美味い、三拍子が揃って完成すると思い込んでいた「牛丼」。このたび、その一拍、「安い」が完全に覆るレシピを、プロに教えてもらいました。
その極意は、なんと、贅沢にも「霜降りの高級牛肉スライスにサッと火を入れるだけ」のレアな状態で仕上げること。早い、そしてもちろん美味いは据え置き……どころか、美味いがパワーインフレ状態に! 早くて豪華で美味し過ぎるごちそう牛丼レシピを、伊勢丹新宿店<I’S MEAT SELECTION>の岩田晴美シェフが伝授します!

霜降り牛肉で! シェフ版ごちそう牛丼の作り方

「安い牛肉でも美味しいのですが、今回は、おもてなしにも使える豪華バージョンの牛丼です。肉の美味しさを際立たせたいので、甘みに砂糖は使わず、みりんを多めに加えます。調味料は、『酒1:醤油1.5:みりん4』の割合で、材料の量に応じて調整してみてください」

材料(2人前)

・国内産黒毛和牛肩ローススライス…300g
※今回は、<I’S MEAT SELECTION>国内産黒毛和牛肩ローススライス(100g) 1,944円(税込)を使用。
・玉ねぎ(幅1cmのくし形切り)…1/2個分
・しいたけ(薄切り)…2本分
・しめじ(小房に分ける)…1/2パック分
・酒…30ml
・醤油…45ml
・みりん…120ml
[付け合わせ]
・卵…2個
・長芋(短冊切り)、カイワレ大根、アサツキ(小口切り)、ショウガの千切り…各適量

1 鍋に酒、みりん、醤油、玉ねぎを入れ、フツフツする程度の火加減でゆっくり火を入れる。

「可能であれば酒、みりんのみ先に鍋に入れて火にかけ、沸騰したら調味液に火を付けるというやり方で『煮切る』のがおすすめです。こうすることで、アルコール臭さがなくなります。ただし、家庭では危険なので、状況が許す場合のみチャレンジしてみてください」

2 玉ねぎが透き通ってきたら、しいたけとしめじを加え、きのこに味がしみるまで煮る。

「何度で何分、ではなく、きのこを見ていれば色が変わってくるので、味がしみてきたかがわかるはずです。五感を使って、素材の変化を見逃さないようにしましょう」
1 / 2

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう