三つ葉の正しい冷凍保存と日持ち期間!冷凍三つ葉の活用レシピも

和食をもっとおいしく、風味豊かにしてくれる薬味「三つ葉」。スーパーで買ってきても、使い切れないということはありませんでしたか?今回は、三つ葉の冷凍保存の仕方をご紹介します!また、おすすめの冷凍三つ葉を活用できるレシピもご紹介します。

2018年8月22日 更新

三つ葉は冷凍保存が便利!

和食の風味付けに欠かせない薬味「三つ葉」。保存しておけばどんなお料理にも使えるので、とても便利♪ どうしても上手く使い切れず余ってしまうことも……冷凍保存して、賢く無駄を省きましょう!

保存期間と日持ち

三つ葉は傷みやすく、長期保存に向かない食材です。生のままでの三つ葉の保存は、根元を濡らすなどのきちんと処理をしても4日から5日保存が限度。

しかし、冷凍保存の場合ならなんと約1ヶ月間は保存が可能になるんです!どのように三つ葉を使うかによって保存方法を変えれば、おいしいまま長持ちさせることができます。

三つ葉の冷凍保存方法

用意するもの

・三つ葉...... 保存したい量
・フリーザーバッグ...... 1枚
・キッチンペーパー...... 適量

手順

1. 三つ葉を水で丁寧に洗う

2. キッチンペーパーで拭いて水気を取る
※きちんと拭き取ることで、上手に冷凍できます。

3. 細かく刻んで、かんたんに取り出せるようにラップなどで小分けする

4. フリーザーバッグに入れる

5. フリーザーバッグのなかの空気は、できる限り抜く

6. 冷凍庫に入れる

冷凍した三つ葉は、このまま解凍せずに凍ったままお料理に入れます。一度冷凍してしまった三つ葉は、冷凍前に比べて色や食感が変化してしまうもの。冷凍されたままお料理に使えば、筋が残ったような食感を感じずに食べることができますよ♪

冷凍するときのポイントは?

三つ葉は、細かく刻んでから冷凍保存するようにしましょう。生のまま冷凍された三つ葉は、解凍すると色や歯ざわりが悪くなるので解凍はせず使用します。小さく刻んでしまえば、そのままお料理にも使いやすく、筋が残ったような歯ざわりも気にならなくなります。

また、細かく刻んだ三つ葉をラップを使って小分けにするのは、必要量以外の三つ葉を空気に触れさせないため。三つ葉のようなハーブや薬味は、冷凍庫から出して空気に触れるとたちまち解凍されてしまうので、使う分だけを小分けにしておくと便利ですよ♪

そのほかの冷凍保存の方法は?

加熱したあとに冷凍

さっとゆでたり、レンジで加熱したあとに冷凍することも可能です。こちらも、すでに熱を通してから冷凍するので、クタクタとした食感がない三つ葉になります。三つ葉は汁物や炒め物など加熱して使うことが多いという人は、新鮮なものをすぐに加熱、冷凍してもいいですね!
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう