ホールとカット、どう違う?プロの「トマト缶の使い分け術」がすごい

トマトソースや煮込み料理などに欠かせないトマト缶。ホールとカット、どちらを選ぶべきか、迷うことはありませんか? 「使い分ける必要あるの?」と疑問に思ったことがある方は少なくないはず。今回はシェフに使い分けのテクを聞いてみました!

2019年3月18日 更新

「トマトピューレ」は短時間でコクがプラスできる

トマトピューレは、トマトの水煮を裏ごしして1/3程度に煮詰めた調味料。トマトの旨みが凝縮されているので、カレーやシチューなどの煮込み料理に加えると味わいがグッと深くなります。また、トマトに含まれるグルタミン酸は、昆布にも含まれる成分。そのため、味噌汁にちょっと加えてコクをプラスするなど、使い道はいろいろ。
「いつもの料理を美味しくしたいけれど、時間はかけたくない。そんな時は手軽にコク出しができる、トマトピューレが便利です」

【美味しさを引き出す使い方】煮込み前と仕上げのダブル使いでうまみ倍増

料理の仕上げに加えるだけでもよいのですが、2段階に分けて使うと一層旨みが際立ちます。例えばカレーに加えるなら、玉ねぎなどの野菜を炒める段階で入れて一緒に炒めたあと、完成直前にも少量加えてなじませるのがおすすめです。

「トマトジュース」はトマトのフレッシュ感を生かす料理に

トマトを絞り、皮や種を裏ごしして加熱処理したものがトマトジュース。トマト缶やピューレに比べ、トマトのフレッシュさが感じられる点が特徴です。煮込みなどじっくり加熱する料理よりも、ドリンクやデザート、ドレッシングなどに使うとその特徴が生かされます。ジュースに使われている品種は多岐に渡り、日本各地でご当地ものが作られているので、使い比べしてみるのも楽しいかも。
「なめらかでのど越しがよく、そのままゴクゴク飲めるフレッシュ感がトマトジュースのいいところ。冷製スープなど、フレッシュ感を生かした料理に使いたいですね」

【美味しさを引き出す使い方】火を使わないジュースや冷製スープに

冷製スープにする場合は、きゅうりやセロリなどの野菜や、スイカやメロンなどの果物を角切りにして、トマトジュースと一緒にミキサーで撹拌(かくはん)するだけ。ジュースのなめらかな口当たりとフレッシュ感が生かされた、さわやかな冷製スープに仕上がります。
身近で便利なトマト缶! 特徴を生かしてご家庭の料理をワンランクアップしてみては。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう