旬の時期に食べ尽くしたい♪「秋の食材」を一挙紹介!おすすめレシピも

秋と言えば、栗に松茸、さんまに柿……と秋の味覚が目白押し!栗や松茸はごはんに混ぜても絶品ですし、柿や栗はスイーツに欠かせません。今回はこのほかにもたくさんの秋の食材をご紹介しますので、ぜひ旬の時期においしくいただいてくださいね。

2018年7月24日 更新

秋が旬のおすすめ食材5選〜魚編〜

1. さんま

さんまは大きいものだと40cmくらいの体長で側偏した細長い魚です。背中は青黒く、腹部は銀白色をしています。北海道や東北地方の太平洋沿岸で大半は漁獲されますが、最近では不漁が続き、価格が高騰しているのが現状です。

さんまと言えばやはり塩焼きにして、大根おろしにポン酢をかけすだちを絞って食べるのが主流ではないでしょうか。新鮮なものだと、お刺身もいいですね。揚げ物や煮付けなんかもおすすめです。
▼さんまを使ったおすすめレシピはこちら

2. うなぎ

土用の丑の日で知られるうなぎですが、実は旬は秋なのです。7月に食べられるうなぎはだいたい天然ものではなく養殖!うなぎの主な産地は浜名湖を中心とした静岡、愛知県三河地方、三重県中勢地方、鹿児島県です。

うなぎはやはりひつまぶしで食べると絶品!甘辛いタレと共にごはんが進みますね。押し寿司にしてもいいですし、卵でとじる柳川風もおいしくいただけます。
▼うなぎを使ったおすすめレシピはこちら

3. 鮭

鮭は川で誕生し海に戻り、産卵期に生まれた川まで戻る回遊魚です。もともとは白身魚で、カニやエビを餌として食べているうちに赤身の魚に変化していきます。北海道や東北沿岸で獲れ、遡上する鮭は脂がのって、またメスは筋子やいくらも楽しめますね。

北海道では、野菜と一緒にバターや味噌などの調味料でで炒めたちゃんちゃん焼き、昆布出汁ベースの石狩鍋が定番のようです。
▼鮭を使ったおすすめレシピはこちら

4. 鯖

鯖はスーパーで見かける一般的なものは真鯖とごま鯖ですよね。ごま鯖は夏が旬ですが、真鯖は秋に旬を迎えます。真鯖は大きいものだと50cmくらいの体長になり、背中の部分は青地に緑がかった色の唐草模様のような独特の模様が付いていることです。

茨城県や長崎県で漁獲されるものが多く、新鮮なものだとお刺身にもできます。煮物や焼き物など、幅広く使える魚で、関西では鯖寿司も楽しめるようです。
▼鯖を使ったおすすめレシピはこちら
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう