アルマニャックの等級(ランク)

アルマニャックはコニャックと異なり、熟成年数1年のものから出荷することができます。 ・スリースター(3 star):コント1以上 ・V.S.(Very Special):コント2以上 ・V.O.(Very Old):コント4以上 ・V.S.O.P.(Very Superior Old Pale):コント4以上(平均熟成年数5~10年) ・ナポレオン(Napoléon):コント5以上(平均熟成年数5~12年) ・X.O.(Extra Old):コント5以上(平均熟成年数20~30年) こちらもコニャック同様、各社のより厳しい基準に基づき、カッコ内のような基準を上回るものがブレンドされているんです。ご紹介の順に熟成年数が長く、高価になる傾向がありますよ。

ブランデーのおすすめの飲み方

ストレート

ブランデーをグラスに注ぐだけのシンプルな飲み方です。少しだけでもいいので、まずはストレートでいただいてみましょう。グラスはお好きなもので大丈夫◎ 常温のまま、香りを楽しみながらいただきます。

オンザロック

グラスに大きな氷を入れ、氷の上からブランデーを注いでいただきましょう。香り立ちは少々鈍くなりますが、冷たいお酒が好みの方にはおすすめです。「ロック」と略されて呼ばれることも。

水割り

お好みの濃さに調整して飲むことができるので、アルコールが苦手な方やブランデー初心者の方にもにも飲みやすい割り方です。氷を入れずにブランデーと水を1:1の割合で作れば、ブランデーの香りも楽しむことができますよ。

ソーダ割り

ウイスキーと同じく、ブランデーもソーダで割って飲まれることもあります。シュワシュワの炭酸とブランデーの相性はよく、暑い日などにおすすめ。ただ、ブランデー本来の香りを楽しむのにあまり適さない飲み方ではあります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ