ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

だしの素を賢くフル活用しちゃおう!

だしの素とは

顆粒や粉末タイプで、水に溶かすだけでかんたんに和風の出汁が作れる調味料です。各メーカーからそれぞれ、いろいろなだしの素が出ています。昆布やかつお節を煮出して出汁をとる手間を省いてくれるので、時短にも♪ 溶けやすいので、料理に直接かけて調味することも可能で、いろいろな和食料理の味付けに役立ちますよ。

だしの素の疑問を徹底解明

だしの素の栄養成分

各社の商品によって若干の違いはありますが、『カロリーSlism』によると、200cc(1カップ)当たりのカロリーは6キロカロリー、たんぱく質は1g、となっています。炭水化物はほとんど含まれていません。

塩分は多い?

だしの素には塩分が含まれ、その量は1gの中に0.4g。原材料となるかつお節などに由来するものなので仕方ないのですが、あまり量を使いすぎず適量で使用するようにしましょう。商品の中には、減塩や塩分不使用のものもありますので、ご自身で塩加減を調整して使うのもおすすめです。

だしの素の代用品

普段はあまり使われない方、ちょうどストックを切らしてしまっていた時など、だしの素には代用できるものがいくつかあるんです。特に使いやすいのが、昆布茶の粉末です。塩分を加えて調味する必要はありますが、純粋な昆布出汁として代用可能です。他にも「めんつゆ」や「白だし」を使うことで代用は効きますが、塩分が高いので調味に注意しましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS