「台湾ビール」って?特徴や種類・おすすめ3選も

美食の国として人気の高い国・台湾。日本からもそれほど距離が離れていないこの国には、さっぱりしていて中華料理との相性がばつぐんなビールがあることを知っていますか?その代表的な存在が「台湾ビール」!ここではその魅力をご紹介します♪

台湾ビールとは

「台湾ビール」は、台湾最大のビール・ブランド。90年以上の歴史を持っている、台湾のビール業界最大手の「台湾菸酒公司」が販売しています。このメーカーは、日本の統治時代に日本人技術者によって設立された「高砂麦酒株式会社」という会社が前身なのだとか。

台湾のコンビニやレストラン、居酒屋など、お酒を扱っている場所ならほとんどのところで見られるポピュラーなビールです。

台湾ビールの種類

「台湾ビール」には、いろいろな種類があるのが特徴。一番オーソドックスなのが、飲みやすさが魅力の「台湾ビール 金牌」。台湾ビールの代表格です。「台湾ビール クラシック」では、深みのあるコクが楽しめます。また、台湾限定モデルや賞味期限が18日のみというフレッシュビールも。

あまり日本では見られない種類としてフルーツビールがあるのも特筆すべきポイント。グレープやパイナップル、マンゴーなどが用意されています。女性には飲みやすい、まるでトロピカルカクテルのような味わいのビールです。

台湾ビールの度数・原材料は?味は?

度数と原材料

スタンダードな「台湾ビール」のアルコール度数は5%。フルーツ系ビールになると、2.8%と低めに設定されています。原材料には麦芽にお米、ホップを使用。

とくに注目すべきは、使われているお米の種類です。もともと台湾ではタイ米を栽培していたのですが、農学博士・磯永吉氏が長年改良を重ね、台湾の気候でも栽培できるジャポニカ種のお米を開発。「台湾ビール」には、そのお米が使われているのです。

「台湾ビール」は、滑らかでありながら爽快でキレのある味わいが魅力!日本のビールに比べると、口当たりは軽くて苦味も少なめです。そのため、飲みやすいというのも特徴のひとつ。暑い台湾の気候にもぴったりなビールです。ジャポニカ米が使われていることもあり、日本人に好まれる味ということもできるでしょう。

台湾土産にしたい!持って帰れる?

台湾お土産としておすすめなのがこの「台湾ビール」。お酒好きな人にはとくに喜ばれるでしょう。台湾でなら、コンビニやスーパーなどで簡単に買えるもの嬉しいところ。

帰りの飛行機の際に気をつけなければならないのは、機内への液体物の持ち込みが厳しく規制されていること。そのため、お土産で持ち帰るときには、預け荷物になかに入れておく必要があります。衝撃を吸収できるように、タオルや衣類などでくるんだり対策もしておきましょう。

また、外国から持ち帰ることになるので、課税の条件もチェック。日本に持ち込める免税範囲は、お酒のボトル3本(1本あたり760mlまで)。4本以上になると、1本ずつに税金がかかります。その場合、ビールなら1本150円くらいが目安。日本に持ち帰るお酒の分量にはご注意を!

日本での販売店・値段

「台湾ビール」は、種類によっては通販などで日本国内でも購入することが可能です。その場合、ビール1本で330円くらい。また、ケースでも販売されているので、例えば、330mlの24本入りだど6200円くらい。つまり、1本あたりの価格をおさえられます。

また、パイナップルやマンゴーなど、「台湾ビール」ならではのトロピカルなフルーツビールを入手することも。お値段はスタンダードなものと同じくらいです。

台湾ビールのおすすめ銘柄3種

1. 代表的なラガービール「台湾ビール 金牌」

口当たりのよさとキレのあるのどごしが魅力の台湾ビールのスタンダード「台湾ビール 金牌」。さっぱりとした味わいで飲みやすい、台湾の代表的なラガービールです。モンドセレクション金賞を受賞した経験もあり。

2. 甘い香りが口の中に広がる「台湾ビール はちみつ」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう