インスタントコーヒーおすすめTOP10!おいしく飲む方法も

手軽に飲めるインスタントコーヒーは日常生活に欠かせないもの。いまやレギュラーコーヒーにも劣らない、品質の高さも人気です。人気のコーヒートップ10から、おいしく飲むための裏ワザまで、インスタントコーヒーをもっとおいしく飲むコツをご紹介します。

手軽に楽しめるインスタントコーヒー♪

お湯を注ぐだけでおいしいコーヒーが楽しめるインスタントコーヒーは、毎日の生活に欠かせない必需品ですね。最近のインスタントコーヒーは手軽なだけでなく、香りや味わいに特化したものがたくさん出回っているのですよ♪

寝坊した朝や、せわしない仕事の合間、サッと作れておいしく飲める、お気に入りのインスタントコーヒーを探してみましょう♪

インスタントコーヒーを上手に選ぶポイント

製法に注目する

スプレードライ製法

抽出濃縮したコーヒー液を噴霧して、高温高速で瞬間的に乾燥させる方式。微粉末状で冷たい水にも溶けやすく、大量生産も◎。

フリーズドライ製法

抽出濃縮したコーヒー液を-40℃で凍結させ、真空状態で乾燥させる方式。風味や香りが逃げにくいのが特徴です。

容器に注目する

インスタントコーヒーを毎日楽しむ人には、大容量の瓶がおすすめ。飲み切ってしまったら、詰め替え用のパックで補充できるのも◎。コスパもいいうえ、エコにもなります。

時々しか飲まない人やオフィスなどへ持ち込みたい人におすすめなのが、スティックタイプのインスタントコーヒー。1杯分づつ個包装されているので使い勝手がよく、劣化の心配も無用。場所を取らないのもうれしいポイントです。

最近では、好みのインスタントコーヒーをおしゃれなボトルに詰め替える人も多いのだとか。インスタントコーヒーの保存に適しているのは、きちんと封ができて、湿気を寄せつけないもの。真空保存できるとさらに◎。風味を損ねずに保存できますよ♪

豆の産地や種類に注目する

インスタントコーヒーに使用される豆は、大きくわけて2通り。アラビカ種とカネフォラ種がその主な種類です。

酸味が特徴のキリマンジャロや軽い風味のモカなど、普段よく目にしているコーヒーのほとんどがアラビカ種のコーヒー豆。高地で栽培されるアラビカ種は、ブラジルが主な産地になっています。風味がよく、香りが華やかなのが特徴です。

一方で、苦味や渋みが特徴のカネフォラ種は、低地での栽培も◎。現在ではベトナム産が生産量の多くを占め、インスタントコーヒーに多く使われるほか、苦味が魅力のエスプレッソコーヒーにも利用されています。

おすすめのインスタントコーヒーランキングTOP10!

【10位】ミルクとのバランスが◎「キーコーヒー スペシャルブレンド 」

酸味や苦味が少なく、マイルドな味わいが魅力の「キーコーヒー スペシャルブレンド 」。くせがないので、ミルクやお砂糖ともよく合います。香りが弱めなのが残念ですが、コスパがいいので、毎日の一杯におすすめです。

【9位】個包装で手軽♪「AGF ブレンディ スティック ブラック」

一杯ずつのスティックタイプなので、風味の劣化が少なく、手軽に飲めるのがうれしい「AGF ブレンディ スティック ブラック」。冷たい水や牛乳にもサッと溶け、アイスコーヒーやアイスカフェオレも簡単に作れます。

特集

SPECIAL CONTENTS