苦くない?エスプレッソの本場「イタリア流」のおいしい飲み方とは

エスプレッソはミルクや砂糖が入っていないイメージから、苦いためコーヒー好きの間でも敬遠されていることもあるかもしれません。しかし、本場イタリアのエスプレッソは意外と甘いんだとか。一体どんな飲み方をしているのでしょうか?

おいしいエスプレッソの飲み方とは?

エスプレッソ=「かっこいい男」

ホットのコーヒーがおいしい季節がやってきます。
みなさんのなかには、ブラックコーヒーは飲めるのに、エスプレッソはどうしても苦手…なんて人も結構いますよね?
日本では「苦い」「濃い」「カフェインが多い」「量が少ない」「量の割に値段が高い」というマイナスにとらえられがちなエスプレッソ。
一方でエスプレッソには、「かっこいい男」が飲んでいるというイメージも。海外映画などでコーヒーをくゆらせながら、エスプレッソをちびちび飲んでいる俳優の描写をよく見かけますよね。
例えば、ジム・ジャームッシュ監督作品『リミッツ・オブ・コントロール』では、エスプレッソを映画のひとつのキーワードとなっています。それは、主人公を演じるイザック・ド・バンコレが毎日お決まりのカフェに通い、二つのエスプレッソを注文する場面。
寡黙な殺し屋という設定もあってか、洒脱に黙々とエスプレッソを飲む姿に男の魅力を感じさせる場面です。
他にも、映画史不朽の名作「ゴッド・ファーザー」でも、ロバート・デ・ニーロがエスプレッソを一気に飲み干すシーンに「かっこいい男」を見出した男性諸氏も多いのではないでしょうか?
そんな大人の男のエッセンスが詰まったエスプレッソ。とはいえ、やはり飲みにくいのもたしかです…。

でも、コーヒーの本場イタリアでは、日本人が想像できない意外な飲み方をされていたのをご存知ですか?

ミルクや砂糖はどうするの?

たっぷりの砂糖を投入!?

なんと驚くべきことに、イタリア人がエスプレッソを飲む場合はストレートで飲まず、小さいティースプーンを使って1杯から1杯半ほど砂糖を入れるのがスタンダードなんだそうです!
エスプレッソは抽出された時点では未完成の絵と同じ状態なのです。
そこに最後の一筆を入れて完成させるのは、お客自身なのです。その一筆がエスプレッソではスプーン一杯の砂糖に当たる訳です。

出典: verdoma.exblog.jp

なんでも砂糖を加えることによって、コーヒー本来の旨味を殺さず、深みとまろやかさを、よりいっそう引き出すことができ、アロマを際立たせる効果があるのだとか!
「エスプレッソは通常の珈琲とは違い、タップリの砂糖を入れる事で完成する飲み物なのです…是非、本格的なこの飲み方をお試し下さい…」

出典: jihan.eshizuoka.jp

砂糖で完成する飲み物…「通ならブラックで…」なんて言葉は日本でよく聞く言葉ですが、むしろおいしさを十分に味わえない飲み方だったとは…。

特集

SPECIAL CONTENTS