汁気はしっかりと切る!

煮物や和え物など、汁気があるものはしっかりと汁気を切ってからもりつけをしましょう。汁気があると汁もれの原因になってしまいますし、汁の水分や栄養分で細菌がふえてしまうこともあるんです。 汁気がある料理はできあがったらザルにあけて冷ますと、汁気を切りながら冷ますこともでき、一石二鳥ですよ♪

基本の5色で彩りよく!

お弁当の見た目がきれいだと、見ているだけでもウキウキしますし、それだけで食欲もでてききます。彩りよく仕上げるには、お弁当に、赤、黄、緑、茶、白の料理をつめること。これを意識するだけでお弁当の彩りがぐっと豊かになりますよ♪ 料理で色をそろえることがむずかしいときは、カップやピックなどで色をたすと簡単です!

お弁当と一緒に…あると便利なアイテムとは?

お弁当タイムを楽しむためには、汚れたときにささっとふけるウェットティッシュやおしぼりがあると安心です!気温が高い時期は、おしぼりを凍らせてお弁当と一緒に包めば保冷剤のかわりにもなって一石二鳥です。 ウェットティッシュなどのゴミを捨てられるように小さなビニール袋も用意しましょう。また、お弁当は少し大きめのナプキンに包んで持っていくと、ナプキンを食事のエプロンがわりにも使えて便利ですよ♪地面に敷くレジャーシートも忘れずに準備しましょう。

食べやすくてカラフル!おにぎりとサンドイッチレシピ5選

1. ひと口でパクっと!てまりおにぎり

ひと口でパクっと食べられるボールおにぎり。小さめサイズで、食欲がない時やお子さまでも食べやすいですね♪ このレシピは桜でんぶや菜の花などでつくっていますが、ふりかけやおかか、そぼろを使うなどいろいろとアレンジもできそうです。

2. かわいい♪ パンダのお顔おにぎり

お子さんに喜んでもらえそうな、とってもかわいらしいおにぎり♪ キャラ弁のようなおにぎりはむずかしそうと思ってしまいますが、このレシピは目、鼻、耳をつけるだけでとても簡単です!はじめてキャラ弁に挑戦する方にもおすすめですよ。
▼お助けグッズも活用しよう!

3. ボリュームあり!おにぎらず

ボリュームのあるおにぎらず。ごはんで具をにぎらず、サンドして作ります。カット面がとってもキレイです♪ 小さく切り分けておけばお子さんでも食べやすいですね。鮭やたまご以外にもきんぴらやそぼろなどを具材にしてもよさそうです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS