カワハギの旬っていつ?おいしい見分け方、オススメの食べ方も知りたい

フグやヒラメの代用品としても使われるカワハギ、身は白く輝き艶があり味は淡白で食べやすく、肝は濃厚な味わいがたまらない魚でもあります。今回は、おなじみのカワハギのおいしい見分け方から旬の時期、オススメの食べ方までお届けします。

カワハギってどんな魚?

生態や特徴

スーパーや和食のお店でよく見かける「カワハギ」は日本人には馴染みの深い魚だと思われます。

カワハギは「マルハゲ」とも呼ばれ、大きさは最大30cmほど。正方形をななめにしたような形が特徴的です。

生息場所としては、北海道南〜九州南岸の日本海・太平洋沿岸、瀬戸内海の浅い砂地に広く生息しています。

産卵期は5月〜8月とされており秋などに稚魚を見ることもできます。カワハギは肉食性で、ゴカイや貝類、小型の甲殻類を餌とし漁業被害を引き起こすことで有名なエチゼンクラゲを食すこともあります。

名前の由来

カワハギという名前の由来は諸説あるようです。

カワハギには「ハゲ」「カワハゲ」「マルハゲ」などとの別名もあります。このハゲと言うのは「剥げ」のこと、厚く硬い皮に覆われこの皮を剥がないと調理ができないことから「カワハギ」と言う名前になったという由来と

カワハギの皮は、意外にも簡単に剥ぐことができる様が「博打に負けて身ぐるみ剥がされる」ことを連想させるとのことで「カワハギ」になったとの話もあります。

主な産地

北海道南から九州に至る日本沿岸各地、台湾、東シナ海と広い地域に生息しているのですが主な産地は、九州・四国地方となっております。

特に温暖な水温である高知の瀬戸内海で獲れることが多いとのこと。漁法は定置網となっており、大きければ大きいほど高価で、活魚は高級魚としても知られています。

種類と仲間

カワハギの仲間は種類も多く約24属100種もあるのですが、皆さんが食用にしている魚は「カワハギ」「ウマヅラハギ」、「ウスバハギ」と3種類が多いとされております。

また、どれも区別なく用いられているので実はカワハギと思って食べていたのが「ウマヅラハギ」だったと言うこともあります。

旬の季節はいつ?

基本の旬

カワハギはフグの代用品としても使われるほど、身と肝がおいしいと有名です。もともとフグ目に属している魚なので納得なのですが……

カワハギの旬は2回あると言われています。

1回目の旬は身の部分。これは産卵期が5月〜8月とされており、この産卵が終わる秋から冬にかけてが体力が戻り身も太っていることから一番おいしい時期と言われております。

肝の旬

海のフォアグアとも言われるほどおいしいと評判の肝の旬は11月~2月頃です。

産卵期を終えたカワハギは栄養を溜め込む時期に入ります。栄養を溜め込むことにより肝が大きく肥大しきれいなピンク色になると言われています。

身は淡白で脂肪分が少ない分、肝に集中して脂がのります。濃厚でとろりとした味わいはひと口食べれば思わず笑みがこぼれるほどです。

味の特徴とおすすめの調理法

フグにも負けないおいしさ

フグやヒラメの代用品としても有名なカワハギは1年を通しておいしく食べる事ができます。

肉質はフグの方がやや固めなのですが、カワハギをお刺身にすると透き通ったような美しい色合いに弾力のある歯ごたえが最高においしく、他にも淡白な白身は煮付けや焼き物、唐揚げ、鍋物、マリネと、どんな調理法にも合う優秀食材でもあります。

海のフォアグラと呼ばれる肝

海のフォアグラと呼ばれる肝!カワハギを食べるのなら肝もぜひ一緒に食べていただきたいと思います。

カワハギの肝はこってりとした濃厚な味わい。ですが、動物性でない分どろどろした脂感が無く、くどくありません。

まずは臭みをとってから調理してください。お酒に10分くらい浸してから茹でると臭みが取れます。

オススメの調理法は、肝あえや肝を茹でてポン酢で食べてもおいしくいただけます。他にも、身と一緒に肝も煮付けたり、肝の酒蒸しなどもオススメです。

おいしいカワハギの見分け方

特集

SPECIAL CONTENTS