麦焼酎「中々」ってどんな焼酎?「百年の孤独」との関わりについて

皆さんは麦焼酎の「中々」をご存知でしょうか。焼酎に詳しくなければ知らない方も多いと思いますが、老舗のメーカーが製造している軽やかな口当たりの麦焼酎です。今回は、メーカーの焼酎にかけるこだわり、中々の特徴とおいしい飲み方などを紹介します。

2018年5月17日 更新

一度は飲みたい焼酎「中々」

麦焼酎「中々」をご存知でしょうか。珍しい名前ですが、読み方はそのまま「なかなか」です。

さて、焼酎にあまり詳しくないという方でも、「百年の孤独」を知っているという方は多いのではないでしょうか。麦焼酎ブームの火付け役といわれるプレミアム焼酎です。中々はこの百年の孤独の原酒となった麦焼酎。焼酎好きの間ではかなり人気の麦焼酎なんです。

九州産の選りすぐりの二条大麦と麦麹を使って作られた焼酎で、上品な甘みと香ばしさがあります。知名度では百年の孤独が上ですが、本当の麦焼酎好きは「この中々こそがおいしい麦焼酎である」というほどなんだとか。

ストレートで飲めば麦の持つほのかな甘みが感じられる軽い口当たりの焼酎ですが、お湯割りにすればグッと深みが増します。

手掛けるのは黒木本店

この中々を製造しているのが、創業明治18年の老舗「黒木本店」です。宮崎県に会社を構え、創業以来想い変わらず焼酎ひと筋でやってきたという黒木本店。並々ならぬこだわりが随所に見られます。

例えば、黒木本店では焼酎造りを麦の種を蒔くことから始めるといいます。この原料の有機栽培こそ、黒木本店が焼酎造りにかけるこだわりの神髄といえます。手作業で土を耕し、種を植え、麦を育てて収穫する。自分たちが丹精を込めて育て上げた自慢の麦ではじめて黒木本店の焼酎は造られるというわけです。

こだわりの強いメーカーなら農業のプロが作ったいい麦を選んで造る方法もありますが、黒木本店はあえて農業を始めることから焼酎造りをはじめたんですね。

創業より築き上げてきた焼酎造りの伝統、こだわりぬいた原料、そして黒木本店と志を共にする人あってこそ、すばらしい焼酎ができるんですね。

中々も古くからの甕を使って作られているといいます。古い歴史と伝統に守られながら現在まで黒木本店の志は続いています。

中々の特徴

昔ながらの甕を使って仕込まれ、伝統の製法で造られた中々。その味わいは深いコクと甘みがありながらも、すっきりとした軽い口当たりの焼酎です。料理の味を邪魔しない味なので食中酒として楽しむことができます。

おすすめはロックとお湯割り。ロックにすればより軽い口当たりで麦の香ばしい香りと甘さが感じられ、ふだん焼酎を飲まないような方でも飲みやすいのが特徴です。ストレートではアルコール度数25%ですが、ロックなら少しずつ薄まるのでそれほどキツく感じません。

お湯割りにすると、麦の深いコクと香りがダイレクトに感じられます。冷たいままの焼酎とはひと味違った風味になるので、いつも水割りやロックを飲んでいる方にはぜひ一度試していただきたい飲み方です。

じっくりと熟成させた「陶眠 中々」も!

「陶眠 中々」は中々より少しだけアルコール度数が高く、28%です。これは中々の原酒を一年半ほど熟成させた焼酎で、ほかの焼酎のような瓶ではなく陶器に入れられています。軽い口当たりの中々よりもグッと強さが増し、まろやかな甘みも加わった麦焼酎。こちらもスッキリと飲めるので、食中酒として飲むことができます。

おすすめの飲み方はロックか水割り。ストレートでは強さを感じられる麦焼酎ですが、水割やロックにすれば麦の甘みが花開くように感じられます。ロックでゆっくり飲めば、濃さが変わっていくのでたった1杯でも細かな味わいの変化を実感することができます。お好みの薄さに調節して飲んでみてください。

中々はどこで購入できる?価格は?

中々はもちろん、陶眠 中々、百年の孤独などのシリーズもAmazonや楽天といった通販で簡単に購入することができます。黒木本店のHPにはオンラインショップ等はないので、通販で購入したい方は大手ECサイトで探してみてください。また、ネット展開している酒屋のオンラインショップでも多数取り扱われています。

規模の小さなスーパーではわかりませんが、品ぞろえのいい大きなスーパー、酒屋、デパートなどではこのシリーズ全てを取り扱っていることが多いです。手に取ってじっくり選びたい、という方は直接探してみてください。中々はギフトにもちょうどいい価格帯なので、誰かに贈るお酒として選んでみるのもいいですね。

深いコクと甘みを実感!

知る人ぞ知るおいしい焼酎「中々」について、その味わいとメーカーのこだわり、おすすめの飲み方などを紹介してきました。あの「百年の孤独」の原酒ということもあり、麦焼酎好きの方にはぜひ飲んでいただきたい焼酎です。

焼酎は日本酒などよりも度数が高いお酒で、独特の強い香りもあるため敷居が高く感じられますよね。お酒があまり強くない方は焼酎が苦手、という場合が多いです。しかし、そんな方々でも水割りやロックで飲めば意外とまろやかになるのでおすすめです。ちょうどいい濃さに割って、麦焼酎ならではのコクと甘みを堪能してくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう