【大人のお子様プレート vol.6】きじまりゅうた流「基本のナポリタン」

男性の夢がつまった「大人のお子様プレート」、第六弾は焼きムラなしの基本のナポリタン!テレビでもおなじみのきじまりゅうたさんに基本のレシピを教えていただきました。コツをおさえて旦那さんも料理上手の仲間入り。

このレシピを教えてくれたのは

このレシピを教えてくれたのは

きじまりゅうた/料理研究家

祖母が料理研究家の村上昭子、母が同じく杵島直美という料理家一家に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむ。アパレルメーカー勤務後、料理アシスタントを経て独立。男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」の作り方を提案している。楽しくわかりやすいトークとオリジナリティのある料理をモットーに、現在は「NHKきじまりゅうたの小腹がすきました」や「きょうの料理」などのテレビ・WEB・雑誌上でのレシピ紹介や、料理教室やイベント出演などを中心に活動している。著書・連載も多数。

旦那さんが“週末シェフ”に!

旦那さんが“週末シェフ”に!

Photo by macaroni

「今日の晩ごはんは、俺がつくるね」

この言葉に心を惹かれたあなたは要チェック!料理初心者の旦那さんを“週末シェフ”に変身させる動画企画がスタートしました。その名も「きじまりゅうた流『大人のお子様プレート』」。

人気料理研究家のきじまりゅうたさんに毎月一回、男性からの人気が高いメニューをひとつピックアップしていただき、失敗しないコツを交えた基本のレシピを紹介してもらいます。

取り上げるのは、「ハンバーグ」「鶏の唐揚げ」「ナポリタン」「豚の生姜焼き」「カレーピラフ」「エビフライ」と、男性はもちろん子供も大好きな料理ばかり。この一つひとつをつくれるようになれば、オールスター級の“お子様プレート”が完成します。

とはいえ「うちの旦那は料理初心者。本当においしくつくれるの?」と思いますよね。そんな疑問を解消すべく、料理経験“ほぼゼロ”の男性編集スタッフが実際の調理にチャレンジ!

「料理の“かきくけこ”ぐらいは知ってますよ(本人談)」と、料理の基本を何も知らない彼ですら、きじまさんのレシピ通りにつくると、あら不思議!プロ顔負けのシズル感たっぷりの料理が完成してしまうんです!はたして、きじまりゅうたさん流の失敗しらずのレシピとはいかに?

第6回目となる今回は、もちもち食感のナポリタン!みなさんも一緒に「旦那さん“週末シェフ”計画」をスタートしてみませんか?

材料

(2人分)
  • スパゲッティ (1.6mm)200g
  • ウインナーソーセージ4本
  • 玉ねぎ1/2個(100g)
  • ピーマン2個
  • サラダ油大さじ1/2杯
  • ☆ケチャップ大さじ5杯(75g)
  • ☆野菜ジュース(トマトベース )大さじ5杯 (75cc)
  • ☆みりん大さじ1杯
  • ケチャップ適量
  • 粉チーズ適量
  • タバスコ適量

下ごしらえ

スパゲッティは鍋に熱湯を沸かし、塩1%(湯:1リットルに対して塩:大さじ1/2杯)を入れ、袋に記載されている時間に合わせて茹で、水で締めて水気をきり、サラダ油大さじ1杯(分量外)を絡めます。

作り方

1

ウインナーは斜めに4等分に切ります。玉ねぎとピーマンは繊維に逆らって5mm幅の薄切りにします。

2

フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、玉ねぎ、ソーセージを加えて焼き付けるように2分ほど炒めます。玉ねぎがしんなりしたら☆の調味料を加え煮立てます。

3

スパゲティとピーマンを加えて炒め合わせます。味を見て足りなければケチャップで調整し、皿に盛り付けます。粉チーズとタバスコをトッピングして完成です。

コツ・ポイント

イタリアンのパスタと違い、ナポリタンのスパゲッティにアルデンテは不要です。モチモチとさせるため事前に茹で、水で締めるのがポイントです。玉ねぎとウインナーはしっかりと炒める事で、玉ねぎから甘みを出し、ウインナーから脂と塩味を引き出します。麺を入れてから調味料を入れると馴染みづらいので具・調味料・麺の順に入れます。具と調味料でソースを作ってから、麺をいれて絡めながら炒めるとムラができにくく美味しくできますよ♪

特集

SPECIAL CONTENTS