こだわりの包丁で丁寧に調理する

貝印の「旬シリーズ」と「関孫六シリーズ」の包丁を紹介してきましたが、いかがでしたか。それぞれに由来やこだわりがあり、奥深さや歴史を知ることができたでしょう。どちらも日本が誇る匠の技によって、こだわり抜かれた機能美を追求した結果生まれた包丁たちです。世界で多くの人たちが愛用されていることも誇らしいですね。 毎日使う包丁だからこそ、良いものを長く使い続けてみてはいかがでしょうか。「丁寧な暮らし」の第一歩になるでしょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ