ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

味よし!コスパよし!「コノスル(CONO SUR)」とは

チリ産ワイン「コノスル」とは

“コノスル”とはズバリ南米大陸のこと!円錐形の南米大陸から世界に向けて新しい世界ブランドのワインの魅力を発信する、という理念をもって1993年に設立されたワイナリーです。円錐を意味する「コノ」と、南という意味の「スール」を合わせた造語なんですよ♪ 当初、コノスルの輸出量は3万ケース程度でしたが、たった10年で160万ケース、さらに2005年には200万ケースと輸出量を大幅に増加。チリの代表的なワイナリー、コン・チャイ・トロに続き、第2位の輸出量を誇るまでの大ブランドに成長しました。

ラベルに描かれている自転車に込められた意味

コノスルの自転車は「ワーカーへの敬意」と「自然サイクルへの尊重」を象徴しています。従業員は東京ドーム64個分もあるブドウ畑の中で暮らし、ブドウを大切に守りながら畑仕事をするために自転車で移動します。 1998年からは自然のサイクルを尊重した農法を開始、ガチョウ、羊、昆虫を放って雑草駆除や肥料をまかなっています。これらのシンボルとしてブドウ畑に建てられた巨大自転車のオブジェは、ワイナリーを訪れる人たちの人気スポットにもなっています♪

コノスル「コスパ」の秘密

コノスルは設立直後から“家系図を持つような伝統もない、埃を被ったヴィンテージボトルもない、あるのは品質の高いワインのみ”をモットーに、イノベーティブな発想やテクノロジーを次々と取り入れてきました。 その中で、スクリューキャップの導入、新しい土地への自社畑拡大、持続可能な技術を採用したサステナブル農法や、有機栽培の実践などの取り組みがお手頃価格を実現しています!

コノスル ワインの種類

スタンダードなワイン「ビシクレタ」シリーズ

手頃な価格で十分な飲みごたえが得られるのが「ビシクレタ(別名:ヴァラエタル)」シリーズです。実勢価格で700円~800円程度と、デイリーワインとしては申し分ない価格です。赤・白ワインがそれぞれ5種類とロゼで全11種類のラインナップがあります。 「ビシクレタ」とは、コノスルのトレードマーク「自転車」を意味するスペイン語。ラベルには自転車が印刷されていますよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS