水出しアイスコーヒーの作り方!専用器具なしで麦茶のように抽出♪

最近コーヒー店でも人気の水出しアイスコーヒー。「自宅で作れたらな」と考えたことのある方はいませんか?今回は専用器具なしでできる、水出しアイスコーヒーの作り方を写真付きでご紹介。すっきりした飲み口のコーヒーを楽しみましょう!

2018年5月22日 更新

水出しアイスコーヒーとは

水出しアイスコーヒーとは、コーヒーの粉を水にひたし、麦茶のように水で抽出するアイスコーヒーのことです。コールドブリューコーヒーとも呼ばれ、最近ではコーヒーチェーン店でも人気のメニューです。

低温でじっくりとうまみを抽出したコーヒーは、なめらかな口当たりが特徴。さっぱりと飲めるので夏におすすめですよ。

ハンドドリップとの違い

ハンドドリップしたコーヒーを冷やしたものと水出しアイスコーヒーの違いは、コーヒーの粉に熱が加わるかどうかにあります。ハンドドリップは熱湯を使って抽出するので、コーヒーの苦みや渋みが溶け出します。一方、水出しアイスコーヒーは甘みが強く、すっきりとした味わいです。

水出しアイスコーヒーの作り方

ガラスジャーに注いだアイスコーヒー

Photo by migicco

水出し麦茶のようにご家庭で気軽に作れる、水出しアイスコーヒーのレシピをご紹介します。材料を全てポットに入れたら、あとは冷蔵庫に入れて待つだけ。あるアイテムを使うと、コーヒーの粉の処理も簡単になり、さらに手軽に作れます。

そのまま楽しむほか、冷たいミルクを注いでアイスカフェオレにするのもおすすめですよ。

材料(約500cc分)

水とコーヒー粉と不織布のお茶パック

Photo by migicco

・常温の水……500cc
・コーヒー粉……40g
・お茶パック……1枚

お茶パックは100円ショップやスーパーで手に入ります。コーヒーの粉を直接ポットに入れてもいいですが、抽出後の粉の処理が大変になるので、お茶パックを使うのがおすすめですよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう