宮崎県産マンゴーの特徴と価格、入手方法!通販で買える商品厳選

宮崎県産のマンゴーは日本国内で第二の生産量を誇ります。丁寧に栽培、収穫された最高級の味を楽しんでみませんか。宮崎マンゴーの特徴や種類、おいしいマンゴーの選び方はもちろん、ネットで買えるおすすめ商品もご紹介します。

2018年4月23日 更新

宮崎県は国産マンゴーの名産地!

マンゴーというと日本では沖縄のイメージが強いという方も多いのではないでしょうか。実は、宮崎は沖縄に並ぶマンゴーの産地なのです。その温暖な気候を生かした、質の高いマンゴーが毎年収穫されていますよ。

宮崎県で多く収穫されているマンゴーは、皮がりんごのように赤い「アップルマンゴー」と呼ばれる出井です。その他にも赤くならない「キーツマンゴー」などいくつかの品種が生産されています。

マンゴーは宮崎県以外の九州の他の地域、鹿児島や熊本でも栽培されています。

おいしさの秘密は環境と栽培方法!

マンゴー栽培に適した気候

なぜ宮崎県では質の高いマンゴーを生産することができるのでしょうか。まず、宮崎県は、マンゴーを栽培するのに適した温暖な気候であることが大きな理由のひとつです。さらに、冬でも15度以下に温度を下げないように、ハウス内で厳しく管理されて育ちます。

宮崎で栽培されるマンゴーの多くはハウス栽培で育てられており、旬の時期は4月の中旬から7月にかけてです。特に本格的な暑さが始まる前の6月ごろがピークの時期となっています。

丁寧な収穫

宮崎県で生産されるマンゴーの品質が高いのは、適した気候、温度管理のためだけでなく、丁寧な収穫を行っているからです。マンゴーの生産量が全国2位の宮崎ですが、収穫はひとつずつ丁寧に行われています。

完熟が近くなると、果実を守るためにひとつひとつネットをかぶせていったり、完熟した実が自然と落下するのを待ち、はさみを使用しなかったりと、おいしいマンゴーを収穫するために手間暇をかけているのです。

マンゴーのおいしさを最大限に引き出す丁寧な作業が宮崎マンゴーの品質を守っています。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pom

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう