IHで使えるフライパンおすすめ15選!特徴と選び方も知りたい

マンション住まいが増えて需要が高まっているIHフライパン。ひと言でIHフライパンといってもアルミや鉄製、スレンレス製など素材もいろいろあります。ここではIHフライパンの特徴やおすすめをご紹介致します。

2018年5月21日 更新

おすすめは?IHフライパンの種類

鉄製

「プロ仕様」のイメージのある鉄製のフライパン。IHとはなんとなく相性が悪いと感じる方も多いようですが、使い方を間違わなければ、決して相性が悪いということはありません。また、鉄製は空焚きが面倒という方もいますが、最近では空焚き済みのものも売られていますので便利ですね。

ステンレス製

IHのみならず、普通のガス用でも人気が高いステンレス製。人気のひみつは焦げ付きにくい、焼いている食品がするっととれることにあります。壁にかけて収納する場合は、外側の色がカラフルなのも魅力。

アルミニウム製

こちらもプロ用とのイメージが高いアルミニウム製のフライパン。確かにプロの厨房に行くとアルミニウム製のものが多いですが、熱伝導にすぐれていて、軽くて価格が安いというメリットがあります。そのかわり、ひっつきやすいので、水分の多いパスタを扱うイタリアンの店などで使われているのも納得が行きますね。

その他

その他のIH専用フライパンとしては、ホーローなどが挙げられます。ホーローには、有名なものだとル・クルーゼなどがあり、主婦だと一度は使ってみたい憧れでもあります。しかし急激な温度変化、衝撃に弱く割れやすいデメリットも。ホーロー鍋はじっくり煮込む料理に向いていますので、用途に合わせて使い分けもおすすめです。

ガス用との違いと見分け方

ホーローのフライパンは、中は鉄、表面はガラスで作られており、表面がカラフルで魅力的ですが、酸に強く保温性が高いのが特徴です。ガス用との見分け方は、底にアルミがついているガス用に比べて、IH用はステンレスが張り付いています。そのため、IH用をガスでも使えますが、熱伝導が悪く重いのがデメリットです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

zuenmei

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう