鋼製のおすすめ出刃包丁5選

まず、本格的な和包丁「鋼」を刃の素材に使った出刃包丁のおすすめ商品をご紹介していきます。背の厚みがあるものと、片刃ですが背が薄くて軽い「鯵切り包丁」など、使い勝手のいいものを集めました。

1. お手頃価格で使いやすい「貝印 関孫六 銀寿 本鋼」

ITEM

貝印 関孫六 銀寿 本鋼 150mm AK-5202

¥3,506

サイズ:28.4cm×5.7cm×2.2cm 刃渡り15cm

Amazonで見る

本日楽天ポイントアップデー! 7月30日(金)23時59分まで!!

楽天で見る

※2018年4月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらはスーパーで通常パック販売されている「尾頭付き」の魚全般に使いやすいサイズの出刃包丁です。伝統的な和包丁で鋼と軟鉄を合わせた作りになっており、使用後にきちんと手入れ、研ぎを行うことで切れ味をキープできます。

2. ウロコもとれる1本2役「一角別作 小出刃(ウロコ取り付)10cm」

ITEM

出刃 一角別作 小出刃(ウロコ取り付)10cm

サイズ:長さ 20.7cm、背厚 0.23cm、刃渡 10cm

¥2,189〜 ※2018年04月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

出刃包丁の背側、みね一部にギザギザの切れ込みが入っており、ウロコが取れるようになっています。背の部分の厚みが薄いので豆あじやイワシなど小さな魚をさばくのに便利です。比較的小さな魚を調理する方、出刃包丁初心者におすすめの一本ですね!

3. 本格的な打上小出刃「小出刃包丁 上打 120mm」

ITEM

小出刃包丁 上打 120mm

¥5,724

サイズ:長さ 12cm、背厚 0.57cm、刃渡り12cmm

本日楽天ポイントアップデー! 7月30日(金)23時59分まで!!

楽天で見る

※2018年4月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
本格的な打ち上げ鍛造の小出刃包丁です。柄の部分は白木に商標の焼き印が入っており、かっこよさに加えて滑りにくく握りやすいので、骨が硬めの小魚や、鯵などをさばくのに適しています。本格出刃包丁の切れ味の鋭さを味わえますよ!

4. 職人のこだわりが詰まった「藤次郎 白紙鋼(樹脂桂柄) 出刃 165mm」

ITEM

藤次郎 白紙鋼(樹脂桂柄) 出刃 165mm F-902

¥6,207

サイズ:全長31.5cm 刃渡り16.5cm

Amazonで見る

本日楽天ポイントアップデー! 7月30日(金)23時59分まで!!

楽天で見る

※2018年4月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらの出刃包丁は刃の部分は白鋼ですが、錆を出にくくするために刀身はステンレスになっています。素材・切れ味・耐久性といった刃物の基本に立ち返って厳選されたベーシックモデルで、本格的な出刃包丁としては購入しやすい価格なのもうれしいポイントですね♪

5. 用途の広い本格派「おばあちゃんの黒打 出刃包丁 180mm」

ITEM

土佐刃物 おばあちゃんの黒打 出刃包丁 180mm

¥3,603

サイズ:33cm×5.7cm×2.3cm 刃渡り18cm

Amazonで見る

本日楽天ポイントアップデー! 7月30日(金)23時59分まで!!

楽天で見る

※2018年4月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらのように刃渡り18cmになると、はまちなど大きな魚を苦労せず3枚におろせます♪魚以外にも固い食材や、小骨の入った肉を切り出すこともできるので、日々の調理場面で活躍する一本。毎日使いながら、研ぎなど手入れをすることで愛着がわく”一生もの”になり得る包丁です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ